●癒しについて。思うことつれづれなるままに 

癒しについて




2017年04月15日(Sat)▲ページの先頭へ
愛するペットのために。。。

ラベンダー精油配合のグリーンフローラルの香りです。


ゼラニウム精油を配合フローラル調の甘やさしい香りです。






ペット用と謳ってはいるのですが、煙も少なく、灰も少なく、香りも贅沢な調香を考えると普通に仏前用としてよいと思われます。

ゼラニウムなんていう香りもあまり見当たらない香りですしね。。。





2016年04月15日(Fri)▲ページの先頭へ
香りのブレンドという考え方。

ブレンドという考え方。

お香(仏前線香でも)を使うとき皆さんはどうしていますか?

買ってきたお線香をそのまま火を点けて、メーカーが創った香りのまま使っていませんか。


TONは違います。

必ず、性格の異なる違う香りをブレンドします。

お料理だって、砂糖だけで甘味は出しませんよね。
ほんのわずかな塩を入れることで甘さが変化します。
塩だって、NaClだけの、つまり昔の専売公社が販売していた塩化ナトリウムより、伯方の塩だの沖縄のヌチマースだのと、ごくわずかながらのマンガンやカリウムやマグネシウムの不純物が混成一体となっている塩の方が美味しいと思うじゃあ〜りませんか。

香りも同じです。メインの香りを引き立たせるために、様々な脇役が調合されています。
白檀のお香。といっても白檀材だけを粉にして線香状にしても芳醇な奥行きのある香りにはなかなかなりません。
そこにわずかの副食材が入ることで白檀の香りを浮き立たせてくれます。

香りはまさしくハーモニーなのです。


念珠堂では香りのテイストを30年前から行ってきました。

香りに不慣れなお客様には必ず上香(火を点けない状態での香り)を聞いていただくだけではなく線香に火をつけて、お鼻の近くに、そして遠くにと生活シーンを考えて聞いてもらってきました。だから全ての商品は箱から出してテイストできる状態にしています。

そんなテイストしたお線香、お香は・・・とくに伽羅や沈香なんてもったいなくて途中で消すことなくTONら店にいるものの香りの余録となりました。


そこに次のお客様が、今度はすみれの香り・・・ユリの香り・・・桜・・・白檀・・・と相次いでテイストしていけば、伽羅の香りは混じり合い何が何だかわからなくなっていくのです。
が、そこはプロというものです。ただでは転ばないよ。。。

香りがブレンドされるということに、はたと気づくのでありました。。。


僕の基本は天然香料のお線香やお香を必ずメインにしています。

白檀+フローラルもしくは沈香+白檀+フローラルというように性格の異なる香りをブレンドして自分の香りを見つけること。

香りの楽しみです。

香り作りを調香師だけの楽しみにしては・・・なんともったいないことでしょう。



2015年05月21日(Thu)▲ページの先頭へ
くまもんのお香セット
やっと声が届きました・・・なのかな・・・

限定で6000セット制作してすでに九州で消化しそうな雰囲気だったので抑えました。



可愛く仕上がってました。



2013年02月18日(Mon)▲ページの先頭へ
お香の材料
先日の講義でお伝えできなかった香材料の話し。
本当はここに関連したお話しがあったのですが・・・・残念。

今度はパワーポイントを使わないとだめだなぁ・・・・

つくづく思いました。
<基剤>
椨(タブ)  クスノキ科の常緑樹。南九州−四国、台湾、中国南部、インドシナ−インドネシア、インドに自生。無臭で、粘り。皮を使用。

   基剤+香料   お香も仏前線香も基本的には変わらないのだ。


<天然香料>
沈香  ジンチョウゲ科アキラリア属の常緑樹。直径1〜4m、高さ30m位
(Aloes wood) 樹脂が集まって固化。
自然に倒れた朽ちた木の部分を取り出すものと、
人工的に傷つけ樹脂の集まるのを待って取り出す方法
海南島、インドシナ半島(ベトナム、カンボジア、ラオス、タイ、ミャンマー)
マレーシア、インドネシアに自生。香りがするまでに50年位かかる。
          
有名なのが正倉院「蘭奢待」(12kg、150cm)
          漢方薬として、鎮静効果。
      

伽羅  (奇南香)
ベトナムのダナン(激戦地)カンボジアの特定地域
    水の中に完全に沈む⇒沈水香

白檀  インドのマイソール州産
   (Sandalwood) サンタロールの含有量
    原産地はインドネシアのチモール島→インドに移植
    インドネシア−パプアニューギニア、トンガ、オーストラリア
    寄生木→周りの木に寄生して成長する。
    保香性が良い
    病気になった蛇が白檀の木に体を巻きついて治す。

スパイス(生薬)系
丁子  原産地はモルッカ諸島。 ザンジバル、南アフリカ に移植。
(Clove)フトモモ科常緑高木 丁子の木の花蕾(花のガク)を乾燥
         腹痛、吐き気、シャックリ止め。
         今治水に入っている。健胃剤、防腐剤、止痛薬。

肉桂(桂皮) 広東省、広西省、ベトナム産。
       クスノキ科の常緑高木の樹皮。 健胃、解熱、鎮痛薬。八つ橋。
     
大茴香 モクレン科の常緑樹の実
(Star anise) 香辛料として。胃の薬。

甘松  中国、インド産、オミナエシ科の根、茎。
香料⇒根 茎→胃薬、食欲増進。
単独では芳香とは言いがたい。ほかの香料と組み合わせると香りに厚みが増す。
         キリストの足を洗ったともいわれる。

漢方薬(中国南部に産する)
     山奈香 ショウガ科の植物の根。輪切りにする。 
         芳香と防虫効果。衣類の虫よけ。健胃剤、食欲増進

零陵香 サクラ草科モロコシ草を乾燥したもの。
         カレーのスパイスにも。

排草香 草木の根 清涼感がある。

唐木香 キク科植物の根
         
鬱金(ウコン)ショウガ科ウコン属多年生草木ウコンの根茎。
(Turmeric) 香料、染料、薬剤として。カレー粉の材料とも。

安息香 タイ、インドネシア
(Benzoin)エコノキ科 安息香樹の樹脂。甘い香りで呼吸器系に薬効。
     
龍脳  インドネシア原産(ボルネオ、スマトラ)
 龍脳木の内部に溜まる(上品)。 木片から蒸留して採る方法(普及品)。
 

藿香(かっこう)  
(Patchouli) 南アジア原産、シソ科の植物の葉。香りの基礎。
         甘い、重い、粉っぽさの甘み。保香性、持続性がよい。
        
ベチバー インド、ブラジル、インドネシア、ミャンマー、マレーシア、中国
         イネ科の植物の根。保香性よい。重甘い木の香り。沈香とよく合う。
         シャネル5番のベースノート。
蘇合香         
(Storax) 木の樹脂。甘い香り。気管支炎やしゃっくりの薬。

薫陸   インド、イラン産。クンロクコウ類の樹脂。土中に埋没した半化石状樹脂。
    
乳香   アラブ、エチオピア、インドの乳香樹の樹脂。
    
没薬   フウロソウ目カンラン科ミラルノキ属の木の樹脂。防腐剤。ミイラづくりに。


<動物性の香材>     他の香りの引き立て役。
  
麝香   四川省、雲南省、ネパール、チベット(トムキンムスクが最高)
(Musk)ジャコウジカの雄の香嚢(こうのう)から採る。雄が雌を呼び寄せる。
居場所のためのマーキング。雄鹿一頭から20gしかとれない。
強烈な香り、悪臭に近い。千分の一以上に薄めると濃艶な香りになる。
フランスの香水にも入る。強心剤。六神丸や宇津救命丸。野生動物保護で輸入に制限。生きて採取する方法も研究。
保香性がよい。12世紀のイスラム教寺院の壁に麝香を塗り込んだところ、今でも太陽に当たるとほんのりと香る。

龍涎香  抹香鯨の胃から採る香料。大変甘い香り。
(Ambergris)司馬遼太郎「香港はアヘンによって取られた」「龍涎香のありかを知りたくてマカオをポルトガルに譲った」信憑性は????だが。香りへの貪欲さを表すことば。
    
貝甲香  ザンジバル、フィリピン、南米巻貝のフタ。保香剤として。

霊猫香  エチオピア産 ジャコウ猫
  (Civet)
海狸香  ビーバー
(Castreum)
    
牛黄   牛の胆嚢や輪胆管内の結石。解熱、鎮静、強心作用。 

一角   イッカクの角。解熱、解毒作用


香油       ローズ、ラベンダー、ジャスミン など
         蒸留法
         短所:高価
                     lx:バラ 3t→1kg
                       花1400個→1g 
<合成香料>     
長所:安い。
短所:火をつけると香りに変化。天然香料はもともとが、火をつけてこその用い方。 


「仏前に使うのがお線香で安いもの。お香は部屋だきだから高級品」のイメージが巷にはあるようですが、これは全くの誤解ということがお解りいただけるでしょうか。

またこういう貴重な材料を使用して製作していることと、そして、質も香りも刻々変化する天然材料を使用していかに安定した香りに仕立てていくかは調香師たちの水面下での努力がいかばかりかということを知ってもらいたいものです。



          


2012年08月15日(Wed)▲ページの先頭へ
TONの暑気払い
暑気払いにあなたなら何をされるだろうか。
ビヤガーデン?海水浴?カラオケ?・・・・

TONはTONなりの夏の恒例となりました。

この中(お線香の在庫の引き出し)に頭を突っ込んで、引き出しの中に充満している香を思い切り肺いっぱいに吸い込むことにしています。

おかげで頭がボーっとするほどの暑い時期もすきっと爽快です。

この場合香水香ではだめ。
ますますグダァ〜〜〜となります。

やはりそこは鬼神も喜ぶ沈香、伽羅の天然香料のものでないといけません。
高貴さと相まって龍脳の爽やかさが暑気払いに最適です。一箱5、6千円する高級線香です。これは役得というものでしょうか・・・(^^



2012年01月15日(Sun)▲ページの先頭へ
沈香根付


これで3150円


ちょっとないでしょ?




2012年01月11日(Wed)▲ページの先頭へ
蒔絵シール龍


お見せに来られた方だと、目にされたかもしれませんね。
だいぶ前に製作して展示しています。
蒔絵シールでデコっています。

今回はその中でも今年の干支に関係のあるもので占めてみます。



小型の龍です。



大型の銀龍です。


同じく大型の金龍です。

大型は携帯では入りきれないので、最近流行のモバイル用のタブレットやパソコン周りトランクやオートバイ、自動車などなどちょっと個性を出すアイテムにもなります。



こちらは、辰巳の守り本尊になる普賢菩薩の梵字「アン」です。

以前からありますが、蓮の受けが付いている新シリーズです。

まだまだ干支関連はいっぱいありますが、
辰年は、飛躍進展の年。

身近なものに貼り付けて敬太シしてもらうといいなぁと思います。






2011年12月16日(Fri)▲ページの先頭へ
猫香炉



猫ちゃんに癒されてください。



ん?



2011年08月29日(Mon)▲ページの先頭へ
もう来年の話し
辰年の香人形が、もう紹介されました。

龍は人気があるんで、今年は如何なものかな・・・




2011年02月11日(Fri)▲ページの先頭へ
癒しのCD
このCDだと思います。
fudosanかstugaruでしょうか。2800円です。
瞑シリーズにもそれぞれ法華経、般若心経、阿弥陀経が録音されてます。




2010年01月28日(Thu)▲ページの先頭へ
香りとメモリー
お客様に手紙を書いている間、家族の寝息だけでは寂しくて、NHKをかけていた。

佐野元春のザ・ソングライターズという番組がオンエアされた。
何気なく顔は伏したまま目だけ上目遣いに向けていると、海外のどこかのメディアで見たことのある番組構成で、またパクリか・・・とまた筆を走らせた。

「ゲストはさだまさしさんです」の声にまた上目遣い。
さだまさしは、数少ない上さんと共通したお好みのスター(というのか)。もう一つのお好みは、嵐。
まあさておき、お好みの影響で、手を休め顔を正面に向けて、しばらく画面に集中し始めた。

シンガソングライターが曲を生む時の逸話やヒントを聞き出していく。聴衆の大学生たちと実際に曲を創っていくワークショップ形式で進めている。
面白い構成だなあ・・・
さだまさしも偉くなったもんだなあ・・・など番組と関係ないことをブツブツ独り言口。上さんは爆睡していてちょうど良かった。最近は独り言までチェックされるのだからたまったもんじゃあない。

手はおろそかになったまま。

その中の話で、詩を書く作業の話をされた。
詩は体温をつたえるもの。相手の体温にリーチすることが大切なんだということだった。
風景を感じるか、色を感じるか、においを感じるか・・・
と曲創りの奥行きを知った。

曲創りに匂いか。
乾いたアスファルトに雨が降った時の立ち上る匂い。
ただいまと帰って玄関の戸を開けたときに香る匂い。
匂い、香りは曲創りに欠かせないということ、そして感じない曲は創れないということは、お香を販売するものとしてはなんとも面白い世界だと感じた。

脳のメモリー部分である海馬にダイレクトに届くのは匂い、香りなのである。

幼い時に歩いた海岸通りの汐の香り。
中学のキャンプで初めて炊いた飯盒から溢れる湯気の香り。
親しい人との別れに号泣し、目から鼻をつたう涙の匂い。
新緑の野山の青臭い香り。

あの時のことを思い出せと言われても、過ぎた過去は映像としてなかなか思い出せない。匂いに思わず幼い日の情景がフラッシュバックすることはそう珍しいことではないだろう。
匂いって人の感性の中でも、メモリの奥底にしまってある記憶を起動させるプログラムなのだと改めて思わされた。

芸術家たちは体験的にそれを駆使するのだ。






   




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2017年4月
           
28 29
30            

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (154)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (42)
4月 (35)

アクセスカウンタ
今日:714
昨日:4,756
累計:9,621,699