TONちゃん日記 - 2017/09






2017年09月30日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年09月29日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年09月28日(Thu)▲ページの先頭へ
ネコの香皿
ようやく届きました。

ニャンコシリーズの香皿です。

時流に乗っているわけではないのですが、なぜか集まってきちゃうだけです。

猫好きだから仕方ないのかも・・・






浅草のそら


2017年09月25日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年09月24日(Sun)▲ページの先頭へ
やはり、見送るだけだけど・・・それでもいい
今日は不思議な日。と言うか気持ちがでかくなるというのか、日本の青年に希望を感じた日だ。

フェイスブックでも友人になっていただいた青年で、武道家であり禅の修行をずっと続けておられるNさん。

明日からロシアに禅の指導に行かれるのだとか。

「ロシア人は日本人と感性が近いものがあるのですぐにこころが打ち解けられます。」
とは彼の弁。


そういえば思い出したのが、ロシア正教の友人がやはり日本人の感性に近いものがあると言われた言葉。感情はラテン系のように外にぱっと表すのではなく、シベリアの大地のように内面にしっかり貯めて熟成させていくのだろうか。武道の心も、禅に通じるわけでなるほどと納得したものだ。

そんなことでロシア語を学んでいるのだそうだ。


という方とお話させていただいて入れ替わりに、スペインからポルトガルへの巡礼に行かれるという青年が(お名前聞き忘れた・・・)お遍路笠を求めにいらしてくださった。

動機までは聞けなかったが、七百数十キロを歩くのだという。
聖ヤコブの歩かれた道だろうか。

「いいなぁ・・・」
僕の弁。

とにかく目が輝いていた。





造り替え。
造り替えのお仕事は、比較的多い。

時々このブログ上に載せさせてもらうことがあるけれど、概ねTONのブーたれることが多いのも事実。


持ち込みの珠の性格さえよければ、長く使える宗派の形に替えられるのだが・・・。


今回は違ってました。♫ウキウキ


もともと通っていた中糸は極細の人絹の糸だったけど、玉の性格がすこぶるよいし龍眼菩提樹の素挽きに近い玉ゆえに見栄えのする念珠に仕上げることができたのではないかな。






ラピスも今手に入る中では最上のものを選ばせてもらった。

つもり・・・だし。

長く使える逸品に仕上がりました。



浅草のそら


2017年09月23日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草の最も大切にしたいと思うこと・・・
秋のお彼岸を迎えお花を持つ人をとても目にするようになった。

今日はお彼岸の中日。

以前から是非ともお墓参りに行きたいと思っていた場所があった。

浅草という土地は不思議なところで、街のイメージは活劇、映画、大正ロマン、昭和モダンに賑わいを見せた街という印象が強く、芸能に懐の深いイメージがある。
今年30数年を数えるサンバカーニバルがあるかと思えば、お祭りサンバのように祭り一色に血が踊る伝統さも持ち合わせている。

けれど、浅草寺を抜いてこの街を語ることはできない。


ただ、このお寺の由緒を意識する方がどれほどいらっしゃるのだろうか・・・とも思う。


「日本の古都」と言うとすぐイメージされるのが、京都、奈良の平安京、平城京だと思う。

浅草のあけぼのは推古天皇三六年(628年)と伝わる。

泣くよ鶯平安京だから平安京で延暦十三年(794年)、平城京でも和銅三年(710年)。
都が始めて制定された藤原京ですら持統八年(694年)というから、それより66年も浅草のあけぼのは早いということで、大化の改新以前の事なのだから驚かされる。

史実としてはなかなかそこまでは遡れないようだが、徳川家康、いや太田道灌、いや江戸氏が屋敷を構える遥か昔から、浅草という土地は人の定住場所として栄えていたということが特筆すべきところなのだ。


前振りが長くなってしまったが、その功労者は一も二もなく、江戸浦(隅田川)から兄弟の漁師が掬い拾い上げられた観世音菩薩を私邸に祀りその人生を仏門に捧げた浅草の郷士?土師中知(はじのなかとも)の功績抜きには考えられないことである。

知ってか知らずか、三社祭りで担ぎ回られる一之宮はその人本人のことなのだが。

江戸開府に当たって家康から認められた土師氏への名跡が専堂坊という。
代々浅草寺を取り仕切ってきた。


その伝統が平成の世まで、名跡は引き継がれてきたのだから驚き以外何者でもない。

ただ、明治の悪名高い廃仏毀釈の嵐はそうした伝統にも深い傷跡を残している。


それほど大切な専堂坊の名跡は、それ相応に墓所も管理されて当然と思っていたのだが、代々の墓石を祀っていた浅草の寺は廃寺となり、流転の運命に晒されていたのである。


ぜひお参りしたいと思っていたことが昨日ようやく叶うことができた。


貴重な代々のお墓は、現在どこに祀られているかといえば、目黒の天台宗の寺院、永隆寺に預けられている。

お目当ては思った以上に広い墓所のずっと奥まった場所に祀られていた。


宝篋印塔あり、僧頭墓ありで見る人が見たら由緒をしらべたくなるだろうと思う。




三社の紋である三つ編紋が異彩を放っているのだが。
不思議に思う人はいないのだろうか・・・




ただ、これほど歴史的価値のある墓石群なのに由緒説明ひとつなかったのがTONには残念でならなかった。これって教育〇員会の仕事じゃないのかなぁ・・・


浅草寺の一角にあってふさわしいように思うのはTONだけだろうか・・・




浅草のそら


お彼岸の中日です。朝は雨模様でしたが、今はお墓参りにはよさそうな天気になりましたね。




2017年09月22日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年09月20日(Wed)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年09月19日(Tue)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年09月18日(Mon)▲ページの先頭へ
こうなりましたよ。
四国番外札所のニューバージョンで紫檀を使用しての片手念珠。

本物の持つ銘木紫檀のぬくもりが伝わってきますね。











浅草のそら 台風一家は一過した。



さよう〜〜〜なら。





2017年09月17日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


大型台風だ大型台風だと騒ぎすぎ。

東京に影響が出るのはずっと先だって。


今日は開店休業になってしまうだろうなぁ・・・





2017年09月16日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら


台風の前の静けさ・・・・



2017年09月15日(Fri)▲ページの先頭へ
四国番外札所の片手三点



ほんとうに今年は番外札所の片手念珠の制作の多いこと。。。


そしてまた・・・


今度は天然木(紫檀)ということですね。




浅草のそら


2017年09月14日(Thu)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年09月10日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら



昨晩がこんな状況だったとは、露知らず・・・です。


雷門前での盆踊り。壮観でした。




2017年09月08日(Fri)▲ページの先頭へ
秋田・湯沢の絵とうろう点灯〜〜〜


こーーーんなに晴れました!

雨男のTONは負けました\(◎o◎)/


負けてよかったけどね。




頑張ってます。








いいですね・・・





明日の土曜日は今年最後の夏おどり(盆踊り)です。

夕方からはどんな状況かな。。。

楽しみです。





浅草のそら


2017年09月07日(Thu)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年09月05日(Tue)▲ページの先頭へ
今年最後の盆踊り


さて、TONのいる雷門地区では30年ぶりに盆踊りが行われます。


9月に入って急に秋めいちゃったのですが、それはそれ。


サンバが浅草のイメージになってしまったのだけど、浅草の活性に一役買ったことは確かだなぁと思います。

でもね、やっぱり借り物は借り物だもの。
日本には日本の文化がある。しっとりとした日本の文化を楽しんで欲しいし、海外の観光客にそういうイメージをお土産にして欲しいなと思います。


超雨男のTONが関わると雲を呼ぶから、極力でしゃばりすぎずと思うのですが、それはそこお祭りの好きな血がそうさせてくれそうもありません。

秋田県湯沢市もわざわざどでかい絵どうろうを貸して下さり付近一帯に8日から雰囲気を盛り上げてくれます。




雨よフルな!


降らないで・・・・



パープルハート


木の素材も実に実に奥が深い。

最近手に入れたパープルハートという中南米産の木玉。

染めたわけではなく、元々がうす紫に染まっている。

店の子が、「むらさきいも」みたいとのたまわっていたが、言われるまでもなく自分もそう思っていた。
尺玉くらいに小さくしてもいいのかなとも感じる。

房はあやめ色がバッチリだけど、古代紫とあわせても厳かになりそう。


枕木の材料にもなるというほど硬い木は過去に月桂樹の角材を見つけ玉にしたことがある。

これもなかなかよかった。

素材を探してきてたまに加工するのも石だとちょっと大変だけど、木質だと手に入りやすいし、芯材と周辺材で違うし、あれこれ手を変え品を変えしてみる楽しみがあるのだな。




浅草のそら


2017年09月04日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年09月03日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


台風一過(台風が来てはいないですけどね)



2017年09月02日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら


1 2    全31件




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2017年9月
         

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (398)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (42)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (38)
7月 (32)
8月 (38)
9月 (31)
10月 (40)
11月 (23)

アクセスカウンタ
今日:8,457
昨日:6,389
累計:10,833,258