TONちゃん日記 - 2017/06






2017年06月30日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら


国際化

お店の売上が、半分以上を海外のお客様で占めることも多くなってきた。
入店率では70%をとうに超えている。

何年か前にクレジットカードの使用が50%を上回った時も驚いたことがある。
余談だが30数年前にカード会社に提携を持ち込んだら「仏壇屋がカードなんて使いませんよ」なんてけんもほろろに断られ、沸騰したことを昨日のように覚えている。

ちょうどその頃に始めて外人(しかも共産圏のお坊さん)のお客様が来店しお買い物をされた。
当時、考えられなかったことが、今は当然のように毎日の光景として展開している。

ここはどこ?私は誰?は要注意の状況だが、「ここはどこ?」は結構感じている。

日本人のほとんどいない店内。どこの言語かわからない多々なるランゲージ。
英語ですら通用しないお国からのお客様。

どうどうと日本語で応対させていただくのだ。

気は心。自然とお互いに笑みがこぼれて、また来るねとボディーランゲージで示唆してお帰りになられる。



(この中に日本人は1人だけだ)




2017年06月29日(Thu)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月28日(Wed)▲ページの先頭へ
守護本尊おまもりプラスα
念珠堂のオリジナルです。




祭りの季節になるとあちこちからお声を頂きます。

神輿の担ぎ手が首に架けるためだとか。


けど元をたどれば、日ごろから身につけてもらいたい。と、思い創作した御守り札代わりの守護本尊お守りです。

ずーっと茶色の正絹紐で通して何一つ手を加えるでもなく製作してきましたが、お買い求めいただいたお客様が日蓮宗で、初めは日蓮上人の札はないかとの問いかけでしたが、残念ながら札を作るまではいかないので、手持ちにあった南無妙法蓮華経のひげ文字の玉を入れ込んでみました。

大変喜ばれました。




ちなみに素材は白檀です。玉は108本連尺二寸〜尺六寸まで。

もちろん・・・念珠堂のすることです。2尺4寸以上三尺でも四尺でも製作は可能です(≧∇≦)/



浅草のそら


2017年06月27日(Tue)▲ページの先頭へ
日本っていいなぁ〜
どこかで聞いたフレーズだが、この仕事をしていてよく思う。

6月に入ってすぐにお盆提灯を展示した。

もちろん販売目的であることには間違いないのだが。

一日が終わり、天井の照明を落とす。
ただ、お盆提灯のコーナーだけは火を落とさずしばらく見つめている。

昔の人が考えたのだろうが、廻り灯篭の光の中に記憶の走馬灯が巡り出すのがわかる。

蓮花の光に浄土に逝った母親を考える。

芙蓉の花に人の暖かさを感じる・・・・。

ぼーっとしているだけなのに、光の演出に自分の心が癒されていくのがわかる。


日本人でよかったなぁ〜〜〜



浅草のそら


2017年06月26日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月25日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月24日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月23日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら


あれ?

もう雷門の工事終わったんだ。。。

瓦がやたらと綺麗だ。

と思いきや・・・・


実物大の画像でした。

感心しました。。。



2017年06月22日(Thu)▲ページの先頭へ
馬頭観音
震災有り、空襲あり、帝都東京はとにかく歴史的建造物がことごとく灰塵に帰した町だ。

それだけに町中を歩いていてふと出会う過去の記憶の断片には感慨のものがある。

小島町に用事で出かけ、帰る足がふと止まった。
お堂の形を持つちょっとした祈りの場が、地価の高いこの地にどんと構えている。

しかも車一台止められるであろうスペースを割いて。




古老と話すと高度経済成長期以前ですら街の様相は現在と随分違うように聞いている。浅草寺裏にはまだ田園が広がっていたとも聞く。

まだ、農耕が牛馬の力を借りて行っていた頃の時代、このあたりはどうであったのだろうか。
なんだか楽しくなってくる。



それほど古いものではないように推察するが、馬頭観音を主にいくつもの石像(花崗岩を荒彫り)が群れている。




浅草のそら


2017年06月19日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月18日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月17日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月16日(Fri)▲ページの先頭へ
どうなるものやら。


たくさんお預かりしました。

三万浄土は親玉などの道具の仕立てを変えて手鞠房に、本連浄土の装束は下がりの玉を足して三万浄土かな・・・

いろいろ遊び遊び考えてみようと。。。




浅草のそら


2017年06月15日(Thu)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月14日(Wed)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月13日(Tue)▲ページの先頭へ
改めて・・・
改めてみる。

いろいろ訳あって念珠堂のEC(インターネットショップ)サイトを全て紙ベースに打ち出した。

これが1996年から20年続けてきたEC念珠堂の全てだ。

20年の中で商売抜きで多くの方に伝えたいテーマを事細かに調べ込んだもの。

確実にこの商品ならと思って制作したものも、チョイスしてきたものも、こうなったらいいなと夢を語ったもの、みごとに失敗作に終わったもの・・・一ページ一ページどれも愛着がある。

意地でも自分の手で積み上げてきた。

改めて見てみると、分厚いカタログだ。

なんと言ったらいいのだろう。

想いなぁ・・・・



浅草のそら


2017年06月12日(Mon)▲ページの先頭へ
形見
タンスの引き出しに眠っている装飾品はどれほどあるだろう。

最近、チラシを見ていると「珊瑚のネックレスを買取します」と謳っている記事が目に付いた。

中古品だからそれ相応の金額で買い取られるのだろう。ただし国内価格だからちょっとばかりの色をつけて。

先代の方が身につけていたものだとその価値はわからないだろ。

タンスに眠っているよりはましとばかりに売ってしまうのだろうか。

それが10倍にも30倍にも高額で取引されることも知らず。


赤珊瑚特に血赤珊瑚。

違法を承知で自国の海から遠く離れた日本近海まで来て密漁していくほど高値で取引される。

そこが話の筋ではないのだが、価値のあるものは価値のあるように取引されるべきだろうと感ずる次第。

そして形見として頂いていても使う予定のない寝た子には、起きていただいてそれ相応のお役目を負わせてあげるべきではないかと思うのだ。

ご友人の形見として預かったネックレスも意匠を凝らせば日常に戻って来れる。




星月菩提樹を加えてみた。

玉の配置はあ〜でもないこ〜でもないの連続だが、そこがいい。


で、完成を見る。





浅草のそら


とても梅雨空には思えません。




2017年06月11日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月10日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月09日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月08日(Thu)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月07日(Wed)▲ページの先頭へ
もうこんな季節


来月はもうお盆の時期になる。

やはり提灯の明かりは・・・いい。




浅草のそら


1 2    全38件




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2017年6月
       
 

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (364)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (42)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (38)
7月 (32)
8月 (38)
9月 (31)
10月 (29)

アクセスカウンタ
今日:2,913
昨日:8,684
累計:10,621,152