TONちゃん日記 - 2017/01






2017年01月31日(Tue)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年01月30日(Mon)▲ページの先頭へ
子供のための腕輪念珠
小さいお子さんも親の買い物をよく見ています。

念珠を好きな親御さんと一緒にこられたお子さんは、同じように「僕も、あたしも」とせがむことがよくあります。


で、TONは口に入れることのなくなった年齢のお子さんにつけてもらいたいと、ずっと作り続けています。

大人用としても遜色なく、貴石を用いて、ただ子供用にスケールダウンした片手念珠も20年前から始めました。が、リーズナブルなとなれば腕輪の念珠かな。

と、いう声に押されてハリやプラでということに落ち着き合間を見てせっせと作っています。


お子さんのものだと、自由なイメージが湧いて、次から次に創作してしまうんですよね。



さぁ、次はなんの組み合わせにしようかな・・・・




浅草のそら



今日は暖かなるという予報です。

墨田川沿いには菜の花も開花の準備中。


2017年01月28日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年01月27日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年01月26日(Thu)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年01月25日(Wed)▲ページの先頭へ
取替え時期。


こうなる前に持ってきてね。。。。



浅草のそら


2017年01月24日(Tue)▲ページの先頭へ
浅草のそら


この時期は、毎日同じような青空。
使いまわしてもわからないくらいに表情に乏しい真っ青な空です。

ま。梅雨の時期の曇り空の連続よりはいいかな・・・・




2017年01月23日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年01月22日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年01月21日(Sat)▲ページの先頭へ
究極の強化糸
念珠のお直しの話し。


昨年ようやく納得のいく強い糸に出会えていざという時のために用意があるのとないのとでは心強さにおいて雲泥の差がある。

修行される方のためを考えると行場で念珠が切れてはいかにも心もとないだろう。

こちらも制作した介がない。

実際、数週間で甚だしい場合は数日で切れることすらある。

で、ずーっと強化糸、強化糸と心に留めて探しては実験してうなだれてきた。




下が一般的な強化糸


半年使っていただいた糸は切れやすい四天や親玉の石の小口部分でも変化は見られない。



へ〜〜〜改めて驚いた。
技術の進歩ってすごいな。


次に心配するのは、糸に玉がついていけるだろうか・・・・だ。




浅草のそら


2017年01月19日(Thu)▲ページの先頭へ
浅草のそら


あすは雪だ雪だと天気予報。

狼少年だろうとタカをくくってる。。ぼく。




2017年01月18日(Wed)▲ページの先頭へ
浅草のそら


今日は3時間いつもより遅くに撮影しました。

こうやって見ると冬と夏の太陽の位置がよくわかります。
夏なら朝でもこんな感じの日当たり具合です。

おひさまが低いんですね。


2017年01月17日(Tue)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年01月16日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年01月15日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年01月14日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら

北側はスカットしているのに・・・


南側はこんなたれこめた雲です。これ雪雲だよね・・・


2017年01月13日(Fri)▲ページの先頭へ
練習練習・・・・
時々手を動かさないといけない。

毎日正絹紐を操って、念珠製作を百連二百連と作っているのならなんのこともないのだが・・・

紐編みで飾り作りはそう作るものではない。

となると、ただでさえ忘却の彼方にいきそうな技が、あっという間に霞んでしまう。


ということで、来客の合間にあまり紐を使って手慰みをしている。







この結びは季節柄の梅花結び。

何本か重ねて編むと綺麗な表情を出す。




最近は菊房の壊れやすさを嫌って作ることが多い編み込みの房の原型。


釈迦結びの二本取り。



それを立体に起こすと・・・こうなる。


と念珠の房の感じが想像できるのではないだろうか。


ふ〜〜〜

それにしても・・・・

なんと忘れてることか。


けど・・・

手が勝手に動いてくれるのはありがたい。




浅草のそら


2017年01月12日(Thu)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年01月11日(Wed)▲ページの先頭へ
浅草寺のそら


ちょっと場所違い。




2017年01月10日(Tue)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年01月09日(Mon)▲ページの先頭へ
ミニチュア・・・
ミニチュアといってもいいんでしょうね。
真言宗本連の形を踏襲して、忠実に作ります。




房の結びは案外面倒です。
なんてったって、紐の太さギリギリまで締め上げていますからね。



大きさがわかりますか。




手につけるとこんな感じです。


浅草のそら


2017年01月08日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年01月07日(Sat)▲ページの先頭へ
初心・・・


お店を始めたころ店で働いてもらっていた子がおもしろい人で、当時はまだ珍しかったワインのソムリエを目指していたり、色を作らせると独特な感性で無駄を一切出さずにさまざまなレパートリーを披露してくれたりした。

「店長包めますか?」

と、きた。

商品を包むのなんて自慢じゃないが全くやったことがない。

あくまで、30年を優に超える当時はの話し。

おぼつかない手で、セロテープを駆使して包んでみた。

「違うんだなぁ・・・」

「仮留めのセロテープは使っちゃいけないの」

といって、初めの折り返しからフィニッシュまで一切セロテープを使わないで折りたたんで見せた。

ほ〜〜〜〜!

と思わずため息が出た。

彼女いわく「お客様が包装紙をあけるときに開けやすいように、止めシールを取ればパラパラって開いたらお客様に感動してもらえるでしょ。それに、包装紙を何かに使ってくださり易いようにするもんなのですよ」

今のデパートではあまり見かけなくなったが、古い時代のデパートの店員からも同じようなことを教わった。

お客様は気付くか気付かないかわからないようなことなのに・・・、
こんな細かなところに気づかいをする・・・・

そんなことが、包装している合間合間にふっと頭をよぎる。


暫くぶりに止めシール以外、仮止めテープを一切使わないで数十個包んでみた。
まだ、衰えていなかった。







締め直し


何年ぶり?だいぶ前に製作させていただいた一連が戻ってきた。

グラデーションに作った覚えはないのだが、見事にきれいにグラってる。

臨済宗に仕立てている。首に架けられていたんだね。

よくみるとこんなに表情が違う。



これは使用しての古色がでたけれど、使用しないで100年200年ほっといてけば、星月菩提樹は真っ黒になる。要するに古星月だ。


木の念珠はこれだから面白い。



浅草のそら


1 2    全39件




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2017年1月
       

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (154)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (42)
4月 (35)

アクセスカウンタ
今日:671
昨日:4,756
累計:9,621,656