TONちゃん日記 - 2017






2017年06月25日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月24日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月23日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら


あれ?

もう雷門の工事終わったんだ。。。

瓦がやたらと綺麗だ。

と思いきや・・・・


実物大の画像でした。

感心しました。。。



2017年06月22日(Thu)▲ページの先頭へ
馬頭観音
震災有り、空襲あり、帝都東京はとにかく歴史的建造物がことごとく灰塵に帰した町だ。

それだけに町中を歩いていてふと出会う過去の記憶の断片には感慨のものがある。

小島町に用事で出かけ、帰る足がふと止まった。
お堂の形を持つちょっとした祈りの場が、地価の高いこの地にどんと構えている。

しかも車一台止められるであろうスペースを割いて。




古老と話すと高度経済成長期以前ですら街の様相は現在と随分違うように聞いている。浅草寺裏にはまだ田園が広がっていたとも聞く。

まだ、農耕が牛馬の力を借りて行っていた頃の時代、このあたりはどうであったのだろうか。
なんだか楽しくなってくる。



それほど古いものではないように推察するが、馬頭観音を主にいくつもの石像(花崗岩を荒彫り)が群れている。




浅草のそら


2017年06月19日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月18日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月17日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月16日(Fri)▲ページの先頭へ
どうなるものやら。


たくさんお預かりしました。

三万浄土は親玉などの道具の仕立てを変えて手鞠房に、本連浄土の装束は下がりの玉を足して三万浄土かな・・・

いろいろ遊び遊び考えてみようと。。。




浅草のそら


2017年06月15日(Thu)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月14日(Wed)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月13日(Tue)▲ページの先頭へ
改めて・・・
改めてみる。

いろいろ訳あって念珠堂のEC(インターネットショップ)サイトを全て紙ベースに打ち出した。

これが1996年から20年続けてきたEC念珠堂の全てだ。

20年の中で商売抜きで多くの方に伝えたいテーマを事細かに調べ込んだもの。

確実にこの商品ならと思って制作したものも、チョイスしてきたものも、こうなったらいいなと夢を語ったもの、みごとに失敗作に終わったもの・・・一ページ一ページどれも愛着がある。

意地でも自分の手で積み上げてきた。

改めて見てみると、分厚いカタログだ。

なんと言ったらいいのだろう。

想いなぁ・・・・



浅草のそら


2017年06月12日(Mon)▲ページの先頭へ
形見
タンスの引き出しに眠っている装飾品はどれほどあるだろう。

最近、チラシを見ていると「珊瑚のネックレスを買取します」と謳っている記事が目に付いた。

中古品だからそれ相応の金額で買い取られるのだろう。ただし国内価格だからちょっとばかりの色をつけて。

先代の方が身につけていたものだとその価値はわからないだろ。

タンスに眠っているよりはましとばかりに売ってしまうのだろうか。

それが10倍にも30倍にも高額で取引されることも知らず。


赤珊瑚特に血赤珊瑚。

違法を承知で自国の海から遠く離れた日本近海まで来て密漁していくほど高値で取引される。

そこが話の筋ではないのだが、価値のあるものは価値のあるように取引されるべきだろうと感ずる次第。

そして形見として頂いていても使う予定のない寝た子には、起きていただいてそれ相応のお役目を負わせてあげるべきではないかと思うのだ。

ご友人の形見として預かったネックレスも意匠を凝らせば日常に戻って来れる。




星月菩提樹を加えてみた。

玉の配置はあ〜でもないこ〜でもないの連続だが、そこがいい。


で、完成を見る。





浅草のそら


とても梅雨空には思えません。




2017年06月11日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月10日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月09日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月08日(Thu)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月07日(Wed)▲ページの先頭へ
もうこんな季節


来月はもうお盆の時期になる。

やはり提灯の明かりは・・・いい。




浅草のそら


2017年06月06日(Tue)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月05日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月04日(Sun)▲ページの先頭へ
子供の目
TONの子供が小学生の時(もう一昔ではきかない)に、グループ研究で5〜6人の小さい記者たちが来店しお店のことについての取材を受けた。

子供の感受性は本当にすごい。

大人は経験値や因習というオブラートが邪魔してしまい、当たり障りのないことしかその目に映らなくなってしまっているようだが、子供は踏み込んでまっすぐに見る。だから楽しい。

そんな子供の目で見た念珠堂というのはこういうものだったらしい。

取材協力のご褒美に子供たちが研究発表に使用した当店の絵をいただいた。

当店の宝だ。



浅草のそら


2017年06月03日(Sat)▲ページの先頭へ
影が薄いぞ・・・
今月第三日曜日は「父の日」ですね。

え!忘れてたって?

シオシオのパ〜(死語)じゃないですか。

母の日は、どの業界もこぞって盛り上げているのに・・・
一家の大黒柱(これも死語?)のお父さんに感謝する父の日はなんと影の薄いことでしょうか。

ググってみるとなるほどと思わされます。
以下のとおりです。

1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド(Sonora Smart Dodd)が、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。彼女が幼い頃南北戦争が勃発。父ウィリアムが召集され、彼女を含む子供6人は母親が育てることになるが、母親は過労が元でウィリアムの復員後まもなく亡くなった。以来男手1つで育てられたが、ウィリアムも子供達が皆成人した後、亡くなった。
最初の父の日の祝典は、その翌年の1910年6月19日にスポケーンで行われた。当時すでに母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まった。
1916年、アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンは、スポケーンを訪れて父の日の演説を行い、これにより父の日が認知されるようになる。
1966年、アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンは、父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日を父の日に定めた。1972年になり、アメリカでは正式に国の記念日に制定される。


母の日は1907年に制定された(アメリカではね)といいますから、3年遅れの制定となるわけです。

どうでしょう。父の日香っていうのは。

父の背にはお父さんの何が表れているのかな・・・






浅草のそら


2017年06月02日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2017年06月01日(Thu)▲ページの先頭へ
浅草のそら


1 2 3 4 5 6 7 8    全226件




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2017年6月
       
26 27 28 29 30  

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (226)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (42)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (30)

アクセスカウンタ
今日:4,516
昨日:5,618
累計:9,928,509