TONちゃん日記 - 2016/11






2016年11月30日(Wed)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年11月29日(Tue)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年11月28日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年11月27日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年11月26日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年11月25日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年11月24日(Thu)▲ページの先頭へ
四国番外札所の念珠
よく持ち込まれるNO1が四国番外札所でいただける念珠玉を使っての片手念珠作りです。





新しいバージョンが出た模様です。一番右側。

紫檀材に梵字と寺名を彫り込んでいました。

決して新しい手法ではないですが、お遍路をして行く先々のお寺でいただけば、歩いた人のみかの特権、それはそれはありがたく感じるものでしょう。


編み込んで房をつければ出来上がりました。





紫檀のニューバージョン。



裏側には寺名が彫られています。





浅草のそら 雪!


雪です。
11月なのに雪。
11月中の雪は、56年ぶりだとか。積もれば観測史上初なのだそうです。

56年前といえば、体が弱くてこのままだと死んじゃうよとまで言われたTONの幼少時代、東北の田舎に預けられた頃。
そう・・・確かに寒かった。あまり雪の降らない地方なのにドカ雪が降って銀世界だったのを覚えています。

喜んで田舎の子と走り回っていたのを覚えています。
おかげで、今があるわけですが・・・

そんなことを雪を見ながら思い出しました。



2016年11月23日(Wed)▲ページの先頭へ
新嘗祭
「にいなめさい」。

と、聞いてわかる年代がだんだん少なくなっているのではないだろうか。

TONでも戦後教育を受けて育った立場上、今の人と大して変わらないと思うのだが、昭和一桁の親に育てられ、身の回りには明治生まれのじいちゃんばあちゃんに囲まれ可愛がられてきた身としては、「勤労感謝の日」というよりも、「新嘗祭」という言葉がしっくりくる。

新穀を皇祖はじめ神々にお供えになって,神恩を感謝された後,陛下自らもお召し上がりになる祭典この大祭は農耕を基本とする日本の意義深さを想い出させてくれる。

日本っていいなぁ。。。

とは言うものの、20代、30代、40代と力任せに遊びと仕事をしゃにむに活動していた時期には、親の教えはどこ吹く風で動き回っていたような気がする。

はてな、ところがどっこい50を過ぎたあたりから、勤労感謝というにはなにか釈然としない何かがひっかるようになってきたTONなのでありました。

死ぬまでに一度は天皇陛下と直にお会いしたいという思いも募るし、なんだろな・・・


そんなことをつらつらと仕事中に思い描くTONの本日、新嘗祭、勤労感謝の日なのでありました。


浅草のそら


2016年11月22日(Tue)▲ページの先頭へ
浅草のそら 地震大丈夫?





朝ジョグに出かける直前にグラっときました。

皆さん大丈夫かなぁ・・・・

5年前の3.11のときも、午前中に小さく揺れてその午後にグラっときましたのでプチ心配です。
3.11の浅草の空は朝ジョグに出たあと、ちゃんと記録に残していましたね。
まさかあんな災害になろうとは露知らずでしたが。。。


今回はそんなことのないようこの一回で終わらせて欲しいと祈るのみです。



2016年11月21日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年11月20日(Sun)▲ページの先頭へ
不二家ネクター。。。
不二家ネ〜ク〜タ〜〜〜〜〜いかがですか〜

お線香ですけど。。。o(^▽^)o




一億三千万分の三

「TONさん」と背中で声がした。

ん?誰???

と、振り向くと大阪のSさんがニコニコしながら立っておられた。
オーラが眩しい。

あ〜〜〜〜驚いた。。。。

驚くにはそれ相応の理由があって、息子さんが小さい頃から空手を続けていて、全国大会にも出場するレベル。
武道好きのTONとしては、いつかオリンピック・・・。勝手に思い込んでいる。

行けたらいいなと思いつつもつい最近Sさん家族のことを考えていた。
タイムリーすぎるよ。


しかもお話をしていると、数年前にふとしたことから、世田谷に住むS師と縁があって交流させていただいているという。

弘法大師が市井にあって人々の救いに生きられたことを彷彿するS師ゆえ、まぁTONのこともお見通し。であろうから隠し事はしないし吐露させられちゃう。
そんなこんなで30年お付き合いさせていただいていた。

そんな二人が・・・
ということで。。。

え〜〜〜!だったのだ。

狭い国土とは言え、一億三千万人の住むこの国で、こんな形でご縁を持つようになったという。
でも不思議でも何でもないとTONは思っている。

神仏が介在しないでどうつながりようがあるというのだろうか。
想いはね、つながるようになっているんだね。

だからこそ、縁という接着剤は大切にしないとならないと思う。
怖いものでもあるから。




浅草のそら


2016年11月18日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年11月17日(Thu)▲ページの先頭へ
老山白檀


じわりじわり・・・・

じわりじわり・・・・


じわるじわりと念珠の業界にも押し寄せる波。


白檀。といっても老山白檀。入手困難の影。

丸太でいくらでも転がっていたのに・・・・


白檀の角棒をカナヅチがわりに使って、釘を打ったりしていたのに・・・


仏像の光背がまず作れなくなった。

台座も作れなくなった。

本体も作れなくなった。

なぜならチップで入るようになったらしいから。お線香を作るならそれでいいけど。

マレーシアの白檀まで値上がりしてきた。

さぁ、、、どうしようね。




浅草のそら


2016年11月16日(Wed)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年11月13日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年11月12日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら 空って面白いなぁ・・・


2016年11月11日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年11月10日(Thu)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年11月09日(Wed)▲ページの先頭へ
そこまでやるの・・・
ネットショップの黎明期の頃はよくECの勉強会に行っていた。

講師の口からは「ネットで売れないものはないですよ」だった。
いけいけどんどんの機運が巻き起こっていた。・・・時代だったと思う。


価格競争の世界になってきていいものといけないもの、比較していいものと比較しきれないもの、を感じ始めたら、急速にEC万能論に不愉快さを感じてきてしまった。


二三日前、いつも覗いているSNS画面にネット広告として何やら不思議なものが表示されていた。
うす茶色のギザギザ頭の代物。
クリックしてみた。なんと!それは塔婆だった。

そう・・・。
回忌法要などのとき、お寺さんにお頼みしてお墓の後ろ辺りに建てる板状のものだ。
上のギザギザは、五輪塔と同じ三角丸四角が重なった塔、つまりストーパ(塔)のことなのだが、塔を建てることはたいへん御利益のあることであり、そのご利益を先祖に回向することであり、とても宗教的、まさに宗教行事そのものなのである。

それがネットに出る・・・。
材料はこんなもんだよ〜と誰の目にも晒される。

販売業者は記憶にある。お寺専門に納入していた。
お寺の集まりなどの時には、塔婆板を展示して販売しているのも見たことはある。



けど・・・なんで〇天に?


最近、お坊さんまでネットで注文するようになったのだからこれもありなのかもしれない。
とは思うものの五枚でなんぼと表示している。

普通ご供養でお塔婆を建てる場合、お寺の格にもよるけれど一霊位で3〜5千円というところか。

いいのかなぁ・・・

お塔婆なんて、いわゆるお寺のバックヤードじゃない。
現実に引き下ろす手の内を明かすようなもの。
というよりそこまで明らかにして良いものなのだろうか。

祈祷して魂を入れるとはまさしく宗教的儀式ゆえに原価は関係ないということなのであろうが・・・
原価を赤裸々にし現実に晒すことが、将来にどういう心理作用を起こすか・・・が、TONには気がかりなのだ。


冗談じゃない、うちのお寺はしっかりご祈祷しているよ。取り越し苦労はしなさんな。と、胸を張っておられればそれで良いのだが・・・




浅草のそら


この後どんどん曇ってきちゃうのだから、朝の天気はあてになりません。


2016年11月08日(Tue)▲ページの先頭へ
星月菩提樹尺二寸
製作中ですが、玉の様子です。





星月菩提樹の大玉になると入手が難しくなってきました。



やはり尺二寸の玉は大きいです。

下のほうは天竺菩提樹の大平(尺0)です。


浅草のそら


2016年11月07日(Mon)▲ページの先頭へ
思い出・・・とすべきか・・・
寒くて股引を探していたら、自転車競技をやってた時のが出てきた。
なんともなつかしーーー。

ピスト用だから背ポケットはついてないからロングランには使えないけど・・・

何より。。。

細くて着れない。。。。(^O^;)ハハハ・・・



浅草のそら


2016年11月06日(Sun)▲ページの先頭へ
原実好き
子供の頃は無類の現金好き。

お金をもらってはしこしこ貯めてはニンマリする。
古銭集めが趣味で、毎晩手持ちの銭をカタログと照らし合わせながら棚卸をしていた。

そんなまま大きくなっていたらどうなっていたことか・・・

おっと、今はそんなことを書くつもりはなかったんだっけ。

今の主流は石でも木でも素材をいかに丸く艶を出すほどに研磨している。

でも実のところは、元の姿がいちばんいい。

無加工の姿は得も言われぬ美しさがある。

つい手元に置いておきたくなってしまうのは、我ながら困った性格と思っている。




1 2    全37件




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2016年11月
   
     

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (292)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (42)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (38)
7月 (32)
8月 (26)

アクセスカウンタ
今日:6,522
昨日:5,303
累計:10,213,084