TONちゃん日記 - 2016/09






2016年09月30日(Fri)▲ページの先頭へ
龍神さま
いつものことなのだけれど、お気に入りの作品(商品と思っていない)がお嫁に出るときは嬉しい半面一抹の寂しさがいつも伴う。

商人って誰もそうなのだろうか。

苦労して造作をつくりあげた対象であればなおさらなのだ。



龍神さまは、お客様からイメージを伺い、画を起こし、描き直し描き直し形にして仏師に渡す。

そこからもやり直しやり直ししながらイメージに近づける。
画は自分で起こすとしてもぼくの要望に応えてくれる彫り手がなければできないから、今は少し難しい環境になっちゃったかな。

それだけに「売れ残りでしょ、安くしなさいよ」なんて言われるともう残念で仕方なくなる。

本当によさを分かって下さる方を待つことになる。。。

お寺に収まっていただけるようで思い残すことはない。

・・・のだが・・・・





浅草のそら


2016年09月29日(Thu)▲ページの先頭へ
勾玉のストラップ
久しぶりに作りました。







いろんな作り方がありますが、この方法がコンパクトに仕上がるかな。




浅草のそら


カラっとした秋晴れの空の写真は、何枚もない。

異常だ・・・



2016年09月28日(Wed)▲ページの先頭へ
浅草のそら


肉眼だと厚く曇っているのですが・・・




2016年09月27日(Tue)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年09月26日(Mon)▲ページの先頭へ
ネックレスから念珠へ
最近はネックレスの持ち込みが多い。

形見で頂いたネックレスをもう付けることがないまま眠っているより念珠に直せるものならとの思いで持ち込まれる。

こちらは、甲府の宝石園のタグが付いたままになっていた。
一度もつけないままだったのでしょう。




通し糸を切って穴の状態を確認してみます。


あ!これなら大丈夫。

日本国内の磨きのようで、玉穴の磨きに繊細さが感じられた。


ということで仮通し。



あとは、編み込みをして房をつければ完成。




浅草のそら


2016年09月25日(Sun)▲ページの先頭へ
こういう作り方も・・・
お客様持ち込みのマラカイト腕輪。



そこに当店の蛍石を足しました。



1+1=2ということです。




浅草のそら




たまにはこんな写真も。台東区のコミュニティーバス「めぐりん」の初代号車。


2016年09月24日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年09月23日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年09月22日(Thu)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年09月21日(Wed)▲ページの先頭へ
浅草のそら






2016年09月20日(Tue)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年09月19日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年09月18日(Sun)▲ページの先頭へ
形見
時々修理に持ち込まれるのだが、同じお客様からというのではなく、各方面から持ち込まれることを考え合わせると、昔、女性用の念珠として流行ったのかもしれない。

黒い部分は今ならさしずめオニキスということなのだろうが、これは黒曜石をみかん玉に挽いたもので、手作業で磨いた痕跡がありありで、一つとして同じ玉が見当たらない。

それに赤珊瑚の二天、興味のそそる真鍮のボサ玉 etc.etc.

房は一つ。

当時としては結構な値段だったのだろうと思う。

それだけに、お嫁さんや娘への形見として伝えられたのだろう。

ということで、原型のイメージを損なうことなく、玉数の間違いも正して、房も作ることとなった。




最後に房を切り揃えれば終了。


浅草のそら


2016年09月17日(Sat)▲ページの先頭へ
いつまでできるかな・・・


サーマインド。

老山白檀のプレートに浅草の観音様を彫り込んで腕輪に組み込んでの企画はずいぶん以前の創作。
全然古さは感じない。

むしろパワーストーン全盛の(少し下り気味かな)今だからあえて木製がいい。

完全手彫りのプレートだから、皆お姿が異なる。

TONの好きな一点だ。

ただ、彫れる人が難しくなってしまった。

プレートがなくなったらどうしよう・・・か。頭が痛い。



浅草のそら


2016年09月16日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年09月15日(Thu)▲ページの先頭へ
どんどん変化する・・・
花川戸に住んでいた時にはあまり感じなかった。
いやがおうにも弁天山の鐘の音は間近に響くし、浅草寺の境内を通って行くのが一番安全であり、便利なこともあって、繁華街というより寺町のど真ん中にいる気がしていた。

雷門に引っ越してからは、昔からの大店(おおだな)のあった土地柄か雰囲気はまるで違う。

たった、500m圏内の話なのに町の空気は異なっている。

引っ越したばかりの頃は、花川戸の空気を吸いに馴染みの店に、てくてく歩いて行ったものだが、慣れてきてくると少々足が遠のく。

だから無理してでも言い訳を絞り出して、寺を歩くことにしている。
(まぁ早朝は毎朝隅田川沿いを走ってはいるのだが・・・)

そんなわけで、足繁く通っていた頃と違い、ちょっと見ないうちに通りの様子や店の入れ替えが恐ろしく変化していることに気づかされるというわけである。


浅草寺境内は半分以上が外国人。





浅草寺裏のイチョウの木は元気良かった。

ずっと以前、お預かりしていた古仏壇をこの場所で「仏壇供養」させてもらった。
30台の仏壇をお焚き上げしたのだが、思いのほか火力が強く、このイチョウが本堂を守ってくれて火の盾になった。もうできないだろうな・・・



あれ?こんなところに親父さん。




浅草のそら


早朝まですごい雨だったのに。。。


2016年09月14日(Wed)▲ページの先頭へ
ご先祖様もこうしていたのかしら・・・
三年以上も表でお客様に笑顔を振りまいている我が店の「ドラえもん提灯」です。

夏の暑さにもめげず、多少の雨にも耐えて・・・

でもお客様のいたずらには負けました。

爪で引っ掻かれて・・・・



あやうく四谷怪談のお化け提灯寸前の状態です。

おば九ちょうちんならまだしも、夢を贈るドラえもんですからね。

ということは、TONの手作業ということになるわけでありまして、昨日からしこしこ和紙を切っては糊をつけ穴を一つ一つ埋めて乾かし、埋めては乾かししながら今日に至りました。

TONのご先祖様も落ちぶれ士族、傘張り浪人をやっていたのかなと・・・昔取った杵柄でもちょっとやそっとの昔じゃなかろうに・・・・と。


とにかく完成です。
きれいになったでしょ。


浅草のそら


2016年09月13日(Tue)▲ページの先頭へ
浅草のそら


秋雨の時期になってしまいました。

来週はお彼岸なのに・・・

お墓参りしやすいように晴れて欲しいですね。




2016年09月12日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら

暑さ寒さも彼岸までではなく、もう秋の気配は充満している。


空ばかりではないよ。

足元にも秋は来ている。



2016年09月11日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年09月10日(Sat)▲ページの先頭へ
また・・・・冥府魔道・・・


手は常に動かしていないと忘れるもので・・・

またこんなのを作ってしまった。

頼まれたことにも由来するけど、しばらく多事に追われていると、手を動かさなくなる。

すると、仕事と直結していない結びはどうしても手の癖になっていないから頭で理屈をこね用とする。

すると冥府魔道の世界に足を・・・もとい、手を踏み入れて・・・もとい、組み入れてしまう。

人生の岐路にも似た感触がある。


頭であれこれ考えてしまい迷う時は、歌の文句じゃないが心の命ずるままに進むのがいい。
心は行く方向を知っているものだ。
あれこれ頭で考えると一歩を間違える。


職人の世界とどこか似ているなぁ・・・・




浅草のそら


1 2    全44件




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2016年9月
       
 

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (260)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (42)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (38)
7月 (26)

アクセスカウンタ
今日:5,077
昨日:4,895
累計:10,076,442