TONちゃん日記 - 2016/04






2016年04月30日(Sat)▲ページの先頭へ
ネックレス?



どうしてかなと思うほど、細い糸を使い念珠に仕立てる。
そう長く持つはずはないのに20年は使いました。とのこと。

大事に大事にされてきたんだろうなぁ・・・

なるほど、珊瑚の表面も何の荒れもなく昨日玉にしたようなツヤを持つ。

珊瑚は匁、つまり重さで取引されてきたから、「穴を大きくして重さを減らすことはしないのさ」と珊瑚職人に聞いたことがある。

それもそうだけど、ネックレスなどの宝飾品に使われるとき穴が大きいと玉が揃わなくて綺麗に見えないということで糸に合わせた玉穴径となるのだろう。

とにかく念珠にするには細すぎるのだが。


そんなこともあろうかと、ネックレス用の糸は手元に揃えている。
真珠のネックレスも直しますからね。




浅草のそら


2016年04月29日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年04月28日(Thu)▲ページの先頭へ
本翡翠





浅草のそら


2016年04月27日(Wed)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年04月26日(Tue)▲ページの先頭へ
トルコ石
お直しでお預かり。

面白い石が入っている。

白とトルコブルーのツートンかぁ・・・・




なんのなんの。
元はこんな色合いだったのでしょう。


残念でした。
もともとはトルコ石と思われる石だったっていうこと。


でもこれは染めだったのですね。
ハウライトルコという石でしょうか。腕につけて汗の酸で色抜けしたというこおかな。

そんなことで手持ちのトルコ石を調べてみました。


割るしか手のないTONでした。

まぁ大丈夫かな・・・

今は染め技術も圧縮技術も格段の進歩を遂げてますからね。
(ちなみにラピスは、染めを調べる方法がありますけど・・・)


ご用心ご用心・・・・・




浅草のそら


2016年04月25日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年04月24日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年04月23日(Sat)▲ページの先頭へ
灯台下暗し
と言うより、医者の不養生と言うほうがふさわしいのかもしれない。


この沈香腕輪を付けだしてから、かれこれ20年は優に超す。

時々行方をくらますことはあっても、ずっとお付き合いしてくれている。
香りは相変わらずだ。



まじまじ見ると・・・・

「あれ?」

「まずいよこれじゃ」

ご覧のとおりボサの大きさに対して衣ゴムの太さがアンバランス。
ボサ穴にゴムがめり込んでしまっている。

いつボサが飛んでいってもしれない事態に陥っていて念珠くんもヒヤヒヤものだっただろう。。。

「お客様の念珠はあーだこーだと御託並べるのに自分のはどうなの?」

と、腕輪がそっとささやいた。


教えてくれたお礼に久しぶりに模様替えしましょうか。


極太ゴムはこんなに太さが違います。


ちょっと念珠に色気はないなと思いながらも、ちょっと色を足しまして、金茶のゴムとコンビニしました。少々若くなった感じです。

さぁできあがり!


浅草のそら


2016年04月22日(Fri)▲ページの先頭へ
桜は北へ・・・
SNSの青森の友人がそろそろ弘前城の桜も開花するよと教えてくれた。

熊本の地震以降、桜の話題がピタッと止まってしまった。

余震なのか本震なのかわからないような地震の続くなかで花見もあったものではないと思うのも無理はない。

でも自然の摂理はそんな事情も構わず、規則正しく季節の変わり目を教えてくれるのだ。


画像は2008年4月、今と同じころだ。

母親を連れて病に伏せていた宮城の伯母のもとに見舞った帰り道。

桜のあまりの神々しさにいつもなら、白石インターチェンジから高速に上がってしまうところなのに、一般道にむかい、江戸の昔には国の境だった峠道を走った。



散る桜の中を車が疾走すると桜吹雪でなんとも口で表せない演出。少し塞ぎこんでいた母親も思わず「きれいね!」と感嘆していたのが印象的だった。




生きて伯母と会えたのもそれが最後だったが、我々への伯母の答えだったように思えてくる。






浅草のそら


2016年04月21日(Thu)▲ページの先頭へ
浅草のそら


西から崩れてきました。
夕方からは雨になる模様です。震災の地の二次災害を心配しています。

熊本の震災から1週間が過ぎましたが、未だ終息する気配がありません。

平常時には隠れて見えない日本人の強さ、しなやかさがこういう緊急時になるとDNAが呼び起こされて、時にはそれ以上に発揮されるような気がするのはTONだけではないと思うのです。

息子を連れて故郷に手助けに行った上さんからも連絡が入り、頑張っているようで場合によっちゃTONも行く準備だけはと考えているところです。


せめて余震なのか本震なのかわからないような大きな揺れは早く終息して欲しいと祈らざるを得ないTONです。



2016年04月20日(Wed)▲ページの先頭へ
母の日ですね
「母の愛」

白檀を基調にしてスィートな調子に整えて想像以上に聞きごたえのある母の愛。

あまり宣伝してこなかったけれど、いいお線香だとTONは思うのであります。
パッケージもいいでしょ。





もうすぐ母の日でしょ・・・

で・・・カーネーションも含めて母の愛も含めてディスプレイしてみました。



どうでしょね。。。


浅草のそら


2016年04月19日(Tue)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年04月18日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら






2016年04月17日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2016年04月16日(Sat)▲ページの先頭へ
巡礼記
「こんにちは」

と、老齢なる青年がお店に来られた。

聞くとお年は81歳なのだとか。

「ありがとうね。たいへん参考になったよ」

ん?まだ事情が呑み込めないTONは恐る恐る言葉を投げかけながらも、記憶を紐解いてみることにした。

「霊場周りね・・・」「Tさんの・・・」

で、ようやく理解。

ずっと以前、お客様の一人Tさんに霊場周りの発願があって、TONは便乗させていただいたというわけで、二人三脚の旅日記をかかせてもらった。

Tさんの御府内巡礼始末記



これが集大成になるわけで、今でも参考にして下さる方が切れない。

でも名乗り出てきてくださったのは久しぶりだった。

「いろいろ大変なこともあったけどね」と、本当はお寺への不満もお有りだったのだろうことは言葉のはしばしに捕らえることができるのだが、巡るものの信仰心がすべてを前向きのエネルギーに転化して捉えていらっしゃるようだった。
TONだったらそうはいかないな。悪いものは悪いと門前でも一言行ってくるだろう・・・

奥様が「私巡る!」と一念発起されたその声に応えて御夫婦で巡る。
コース取りから予算のことまでご主人が下調べをする。
シルバーパスが使える範囲だから御府内八十八ヶ所がやりやすいと。
とはいえ八十歳を越えて楽ではないはず。

そんなときに傍らにあったのが巡礼記だった。
いやいや・・・ありがたいことだと手を合わせるのはTONのほうだとの思い。

肝心の自分の巡りはいつになることやら。

あ・・・・と!
秩父霊場は、残り半分残したままだった。
30年ぶりにレストアした自転車でまわっていながら、まだ結願していないから、結願後にレポート書こう・・・と思いつつ・・・5年経っちゃっていたこと、思い出した。。。




浅草のそら


2016年04月15日(Fri)▲ページの先頭へ
香りのブレンドという考え方。

ブレンドという考え方。

お香(仏前線香でも)を使うとき皆さんはどうしていますか?

買ってきたお線香をそのまま火を点けて、メーカーが創った香りのまま使っていませんか。


TONは違います。

必ず、性格の異なる違う香りをブレンドします。

お料理だって、砂糖だけで甘味は出しませんよね。
ほんのわずかな塩を入れることで甘さが変化します。
塩だって、NaClだけの、つまり昔の専売公社が販売していた塩化ナトリウムより、伯方の塩だの沖縄のヌチマースだのと、ごくわずかながらのマンガンやカリウムやマグネシウムの不純物が混成一体となっている塩の方が美味しいと思うじゃあ〜りませんか。

香りも同じです。メインの香りを引き立たせるために、様々な脇役が調合されています。
白檀のお香。といっても白檀材だけを粉にして線香状にしても芳醇な奥行きのある香りにはなかなかなりません。
そこにわずかの副食材が入ることで白檀の香りを浮き立たせてくれます。

香りはまさしくハーモニーなのです。


念珠堂では香りのテイストを30年前から行ってきました。

香りに不慣れなお客様には必ず上香(火を点けない状態での香り)を聞いていただくだけではなく線香に火をつけて、お鼻の近くに、そして遠くにと生活シーンを考えて聞いてもらってきました。だから全ての商品は箱から出してテイストできる状態にしています。

そんなテイストしたお線香、お香は・・・とくに伽羅や沈香なんてもったいなくて途中で消すことなくTONら店にいるものの香りの余録となりました。


そこに次のお客様が、今度はすみれの香り・・・ユリの香り・・・桜・・・白檀・・・と相次いでテイストしていけば、伽羅の香りは混じり合い何が何だかわからなくなっていくのです。
が、そこはプロというものです。ただでは転ばないよ。。。

香りがブレンドされるということに、はたと気づくのでありました。。。


僕の基本は天然香料のお線香やお香を必ずメインにしています。

白檀+フローラルもしくは沈香+白檀+フローラルというように性格の異なる香りをブレンドして自分の香りを見つけること。

香りの楽しみです。

香り作りを調香師だけの楽しみにしては・・・なんともったいないことでしょう。



浅草のそら


2016年04月14日(Thu)▲ページの先頭へ
沈香の大平玉で創りましたよ。
ついに組みました。

腕輪はやめました。

片手念珠の正絹紐の仕立てにしました。




良い玉だけ選んでみました。

まぁ・・・ね。
こんなに素材不足の時期にとは思いましたが、沈香という素材を後々に残しておくためにも仕方ないかなというところです。

ぎりぎり片手分の1セットが、なんとかできました。



本当のところは、天台の大平に組みたいのですがね。




浅草のそら


2016年04月13日(Wed)▲ページの先頭へ
お位牌の修復
お位牌の直しを久しぶりにさせていただきました。




お預かりしたときはこんな状態でした。



長い年月(100年以上)の間には、乾拭きしていて金箔は剥げるし、わずかでも塗面に傷が入ればそこから湿気が木地を侵していくので反りや歪みが生じます。

職人は、また今までと同じ時間さらに経過しても大丈夫なように、こつこつ傷を埋めて塗り直し、箔押しして元の姿に戻します。


扉の中も下地をやり直して金箔を押し直せば、下のような輝きに戻ります。





浅草のそら


2016年04月12日(Tue)▲ページの先頭へ
南無妙法蓮華経、ヒゲ文字の腕輪


象牙の珠に「南無妙法蓮華経」が彫ってあります。




勾玉のストラップ


紫金石の勾玉もあとわずかになってしまった。

銀の紐を組み合わせることは少ないけれど、僅かならばそれもありかな。





1 2    全48件




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2016年4月
         

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (260)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (42)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (38)
7月 (26)

アクセスカウンタ
今日:5,079
昨日:4,895
累計:10,076,444