TONちゃん日記 - 2015/12






2015年12月31日(Thu)▲ページの先頭へ
玄奘三蔵
もう一体、新入荷しました。

ほとんどの人がわかりませんでした。




「玄奘三蔵」西遊記で有名な三蔵法師その人です。

三蔵法師というと夏目正子を思い描いてしまうTONです。

歳が知れてしまいます。

現存したということを意外に知らない方が多いのもこの玄奘三蔵です。

仏教への貢献度つまりは民衆の救済は計り知れないほどなのですが・・・意外と・・・

法相宗の開祖となります。




浅草のそら


2015年12月30日(Wed)▲ページの先頭へ
金剛夜叉明王
久方ぶりにお寺用のサイズの仏像を入荷しました。

金剛夜叉明王。





五眼の下の二つの眼は嘘を見破る眼と言われます。




う〜〜〜んTONはどうしましょ。。。

見抜かれてしまう・・・・・





浅草のそら


2015年12月29日(Tue)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2015年12月28日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2015年12月27日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2015年12月26日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら


18金観音様
お顔がスゴ〜〜く良いのだけれど、18kを使っているので嫌になるくらい高騰してしまいました。


まぁ・・・伽羅ほどではないですけどね。。。




2015年12月25日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2015年12月24日(Thu)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2015年12月23日(Wed)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2015年12月22日(Tue)▲ページの先頭へ
いよいよ・・・ここまでか・・・
切れるのが念珠の使命。
くらいがTONの気持ちなのだが、世の中そうはいかない時もあるわけで法要中に切れてしまうと後が大変になる。

山に入って切れるのもちょっと困った君になる。

そこでTONのこだわりで、何度か試してみた(お客様に実験に協力していただいたような・・・)そして結論がここに行き着きました。




浅草のそら


2015年12月21日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら





2015年12月20日(Sun)▲ページの先頭へ
慰霊の町
毎朝TONのランニングコースは墨田川沿いの堤防沿い。

調子良ければ南千住まで走るが潰れた腰椎と相談しながらなので、今年は数える程しかない。
少し前までは、なぜ手をつけないの?と思うほど草ぼうぼうの堤防道路が続く場所も残っていて、都会の中のエアポケットと思うTONのお気に入りコースだった。

最近は隅田川テラスと称してカミソリ堤防の川側に5mほどのさんぽ道が整備されて、今まで遠かった川面がぐんと身近になって、陽光の川面のきらめきを視界に入れながら気持ちよく走れるようになった。

が、一ヶ所だけどうしても避けたくなる場所がある。

そう。言問橋下がそこ。

なにも考えなければよいのだが、曇り空や早朝の薄暗い時間のテラスコースは
絶対に通らない。

スカイツリーの絶景ポイントであるこの場所が、70年前東京大空襲で多くの無辜の命を散らした場所ということは、少し情報が一般化されてきたが、まだ多くの人は意識していないだろう。

橋の際に空襲の慰霊碑と当時の橋の縁石が供養されている。
その縁石に残る脂じみは、亡くなられた多くの人の脂染みと記録されている。

元土木技術者として橋の構造がよく見える位置からの桁というのはゾクゾクするほど好きなのだが、違った意味の身震いが決まってしてしまう場所なのである。


だからここを通過するときは、心にある思いを持ちながら通過することにしている。




あまりアバットの部分なんて、まじまじ見る人は少ないだろうね。



こんなきれいな川面なのにね。何もなかったような美しさだ。





浅草のそら


2015年12月19日(Sat)▲ページの先頭へ
駒形堂のお祭り
昨日は観音様の今年最後のお祭り日となる納の観音でした。
そして今日は、駒形橋際に建つ駒形堂でのお祭りです。

こちらも今年最後のご縁日なので、納めの馬頭観音というのだろうか・・・・と。しばい悩むTONでした。。。





青空で気持ち良いご縁日なれど寒風の中、多くの参拝の方がお見えになっていました。



浅草のそら


2015年12月18日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2015年12月17日(Thu)▲ページの先頭へ
今月の仏教ライフが届いた。


仏教ライフというのは、仏教情報センターから発行されている月刊誌だ。
仏教情報センターというのは、各宗のお坊さんが交代でテレホン無料相談を受け付けてこられた組織だ。終末医療に関する「いのちを見つめる集い」というのも企画してきている。

TONも体の自由が効いた過去において何度か伺ったことがある。
がん患者の集いだったが体験談を車座になって話し合い衝撃を受けた記憶がある。

90年代中盤からお付き合いさせていただいているので20年以上ということになる。


さて、今月は・・・と開いてみると、




あらま。ぶっちゃけ寺で有名な浄土宗の井上広法師の見開き特集だ。

「ぶっちゃけ寺がかなえたお坊さんの3つの夢」
という主題が面白そうで、つい時間中に読んでしまった。

「お坊さんへの誤解を解く」
坊主丸儲けという偏見。お坊さんもちゃんと税金は払っている。
被災地の支援に行ってもやるせない中傷の言葉にさらされることもある。

「社会参加する仏教」

「お茶の間に仏教」
仏教の教えは遠いものではないということ。生活に密着しているのだということだ。

というのがサブタイトルに別れそれぞれの講話は納得させられた。


TONにはあらにもうひとつ夢がある。

「墨染の衣を着て医療関係の現場に行ける」というものだ。

お寺様に確認されたらよろしかろうと思うが、相当な抵抗があると思う。

仏教に付いたイメージというのは、死と余りにも近すぎる。
仏教は、本来生きるために学ぶものであって死んだらなにもせず、仏になるのではないということ。生き方を仏教の中から見つけて欲しいと思うのだ(もちろん仏教に限っているのえはないけど・・・)


いつかそれも昔話になる時が来るような気がする。




浅草のそら


2015年12月16日(Wed)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2015年12月15日(Tue)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2015年12月14日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2015年12月13日(Sun)▲ページの先頭へ
敵前逃亡
TONは小さい時に父親と死別した。
二つ上の姉が母親が仕事で留守がちなのをカバーして常に母親替わりとなって育てられた。
母親が二人いたようなもので、だからなのか、未だに姉には頭が上がらない。

世の中というのは捨てる神もあるが、拾ってくださる神もあるように見受けられる。

四半世紀前の社会、女手一つで就学前の二人の子供を抱えて生きることがいかに難しい時代だったか・・・しかも父親の残した借金をも抱えて。

母親の友人が見るに見かね船大工だった実家の父親に相談してくれた。

その父親も子供時代には相当な苦労をされて育った方だったからなのかえらく同情してくれた。
我ら家族のために、庭を潰しその腕で自宅を建て増しし、親子三人が住むに最低限の条件を満たす家を建ててくれた。

娘の友人で大変な境遇にいるとは言え、我が家を改造して住まわせる・・・今の自分でも果たしてできるだろうか。。

その老夫婦が大家さんとなり、小学校を卒業する直前までの7年間お世話になった。

母は三面六臂の仕事をこなしながら24時間を消化しているわけで、ほとんど家にいることはなかった。
がぜん母親役は姉となる。けれどそれにも限界がある。小一の子供が5歳の弟を面倒みるのだから。
ここでも大家の手が差し延べらることとなった。

家にはもちろんテレビなどというものはない。8時までの子供の時間は姉弟で観に行くのが常だった。

当然のように夕食も呼ばれる。

明治生まれのおばあちゃんの得意は、うどんこ入りのカレーライスと煮物だった。

今時分になると、おでんがよく出た。

「TONちゃん食べていきな」

と出されるのが、山盛りのおでん。

中でも幅をきかせているのが、ダイコンがで〜んと盛られたどんぶり。

こんにゃく、ちくわぶと好きなものを食べてしまうと、その輪切りにしたのが二つ三つ器に残る。

いつもはお腹も膨れて元気よく帰るのだけれどそんなときは、

「ごちそうさまぁ」も言うことができない・・・言えるわけがない。
一目散で我が家に走り帰った。

敵前逃亡である。

後年、当時の話が出ると、

「TONは大根が出るとそれだけ残してソーーーと音もなく帰っちゃたよね」
と、いうもカラカラ笑っていた。

今は一番好きになったんだよ。と仏壇に向かって話してあげたい。





浅草のそら


しばらく空ばかり続きました。
まぁ・・・空見上げてボケ〜〜〜としているのが好きなのでお付き合いくださいまし。。。




2015年12月12日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2015年12月11日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2015年12月10日(Thu)▲ページの先頭へ
浅草のそら


1 2    全39件




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2015年12月
   
   

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (425)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (42)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (38)
7月 (32)
8月 (38)
9月 (31)
10月 (40)
11月 (35)
12月 (15)

アクセスカウンタ
今日:4,414
昨日:4,353
累計:10,983,574