TONちゃん日記 - 2014/12






2014年12月31日(Wed)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2014年12月30日(Tue)▲ページの先頭へ
何の骨かな。。。


浅草のそら


2014年12月29日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2014年12月28日(Sun)▲ページの先頭へ
お不動さんの香炉
TON:丸型香炉などに筆で描くだけのお地蔵さまや、お不動さまの香炉は以前からありましたが、シルエットからそのお姿になっているものは、とても数が少なかったのでした。

が、、、、つい最近、こんな香炉が出来上がったんですよ。





TON:一見するとお不動さま。・・・・の置物。
けど・・・・


TON:お不動さまちょっと、見せてくれますか。



不:大義じゃのぅ

どっこらしょっと・・・




TON:背中に香の出口が空いてます。
ちょっと後ろをお願いします。


不:今度はうしろかい・・・・





手作業なのでわずかしか入りませんでした。


不:な、な、なんじゃトーーー!!!!バッカモーーーーン!!!!





浅草のそら


2014年12月27日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2014年12月26日(Fri)▲ページの先頭へ
琥珀仕立て変わりもの・・・



おもしろい玉でしょ。

オリーブのみを切断したものです。トラ琥珀の道具で合わせましたが、琥珀は組むときに注意が必要なんです。

何度ボサ玉を割ってしまった事でしょうか・・・くぅ〜〜〜


さあこれから編みます。





浅草のそら


2014年12月25日(Thu)▲ページの先頭へ
サンタはだあれ・・・
クリスマスがくると決まって思い出すことがある。

次男は苦い顔をするだろうからあまり口に出さないが、彼は小学校高学年までサンタクロースを信じていた。

ある年のクリスマス。

吊り下げていた靴下をみるとに何やら入っていることに気がついた。

靴下の外から触るとガサガサ音がするから手紙のようだ。

そーーっと靴下から抜いてみた。案の定小さな手紙だった。

開いてみた。

「サンタさんへ」で始まる文章は、いつもご苦労様と気遣いの文章から始まっていた。世界中の子供たちのところに行って大変ですね・・・・と。
そして最後に当時流行っていたテレビゲームが欲しいと締めくくっていた。

手紙を開けた親のほうが胸が熱くなって、これならサンタクロースも癒されるに違いないと思いつつ元に戻した。

彼の希望した品物とは違うプレゼントであったけど枕元に何やら置いた記憶がある。


この日は子供という姿でサンタクロースは僕のもとに訪れてくれた。


もちろん、そのサンタへの手紙も僕たちへのプレゼントと信じ、大切に引き出しの奥に保存している・・・。




浅草のそら


2014年12月24日(Wed)▲ページの先頭へ
象牙・・・・?ん?


かなりいい色になっています。

アイボリー色。

ちなみにWikiで調べてみると・・・

アイボリー(ivory)は、色の一つ。アイヴォリーとも。(アイボリーは象牙(象の門歯)のことで、象牙の色がこう呼ばれる。
淡く黄色がかったやや灰味の白色。クリーム色をさらに薄くしたような色である。云々・・・


と、なっていて、アイボリーの単語そのものが象牙から来ているわけで、「アイボリー」といえば象牙だよと言っているようなものです。

が、この素材は象牙ではありません(キッパリ!)

象牙椰子(やし)です。

今でも高級ワイシャツなどに使われていると思いますが、ボタンの材料に使われるヤシの木の一種です。


似ているといえばこれほど似ている・・・素材もないでしょう。


質量も、質感も、照りもよーく見ると縞々まで見ようによっては見えるのです。


ちなみに・・・
ラクトという動物性タンパク質(要するに牛乳)を化学処理したラクトという素材もありますので・・・お気をつけあれ。しっかり縞も入ってますからね。






オーダー1点


曹洞宗尺二の末房仕立てです。

ありふれている星月菩提樹ですが松房しかもエンジ色というのも
ちょっと珍しいかな・・・





浅草のそら


2014年12月23日(Tue)▲ページの先頭へ
人の円(縁)ということ
今年卒寿になるお得意様が杖をつきながら訪ねてくださった。

「もう来年はこれなくなるから」との弁に、一抹の寂しさもあったけど、今までありがとうございましたという思いも同時に湧いた。

もう30年近くなりますね。お付き合いさせていただいてから。


やることなすことすべてプラスになる。そんな福の神みたいな事業家。
だが利益を中心に事業を進めたことはない。

だいだらぼっちが歩くところには、緑の種が巻かれるというけれど、まさしくその如く人生を歩めれた。

「事業は社会還元のため」
「自分の利益を考えない」
「適正利潤、適正価格」

彼の口癖で僕の心に刷り込んでくれた。

若き頃、新聞に載った記事を「あんたにあげる」と渡された。
若き青年実業家の彼の顔がうつり、事業は世のためとその事業精神を語っておられた。
それがあって今があると無言で伝えてくれたものと信じている。

米寿になった奥様が最近入院され顔をげっそり痩せられた。

「神仏に祈っても自分のことは祈らない」そんな彼が、
でも女房のことだけはねーーとぽそっと言われた一言は、くっと胸に突き刺さった。


また来年も会いましょう。。。よ。




沈香


このサイズで、この表情の沈香はもう手に入らないでしょうね。
あとはセットものを崩すしかありません。

以前はいくらでも手に入った沈香もここまで入手困難になろうと誰が想像したでしょう。


なくなって初めて気付くありがたさ哉。

ありがたいか否かは別ですが、白檀にしても、伽羅、沈香にしても全てが有限材だということを忘れちゃダメですね。。




浅草のそら


2014年12月22日(Mon)▲ページの先頭へ
ミニ経巻





以前にもリリースしていたのですが、久しぶりに入荷します。




浅草のそら


2014年12月21日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2014年12月20日(Sat)▲ページの先頭へ
ブータン製生地のマルチ袋



ぶーちゃんの・・・もとい、幸福度を国の指標にする国ブータンで織られた生地で製作しました。

何とも言えないブータンらしい色使いです。

なんでこんなエキセントリックな組み合わせができるのだろう。。。

いくら見ていても飽きが来ません。





な〜んだ?



さあ、なんでしょう・・・・







もう答えは出てますね。

香立てでした。


フェラーリの日本人デザイナーとして名を馳せている、Ken Okuyama(奥山清行)デザインの香立て(横になってもたてとはこれ如何に)でした。


ラインはフェラーリ・・・か。





浅草のそら


雨がパラパラ・・・

雪にならなけりゃいいけど。




2014年12月19日(Fri)▲ページの先頭へ
ムディター新年号


ようやく無ディターの新年号が出ました。

愛知専門尼僧堂堂長の青山俊董師と杏雲堂病院というよりビハーラの種村健二朗氏のシリーズ講話がおもしろいですよ。




浅草のそら


山の向こうは大雪だというのに・・・・

江戸はこうも日本晴れとな・・・・




2014年12月18日(Thu)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2014年12月17日(Wed)▲ページの先頭へ
避けられない季節



製作の時に静電気を気にしだすといよいよ冬本番です。

スチームをたいた部屋で湿度をあげれればこんな苦労はせぬものを・・・

濡れタオルに静電気を逃がしながら制作していきます。

濡れてるものを触りっぱなしなので、乾けば手の潤いを奪われる。
と、いうことで、都会にいながらアカギレがついてまわるということになるのです。




浅草のそら



温度を感じなければ夏みたい・・・・


2014年12月16日(Tue)▲ページの先頭へ
浅草のそら


朝は薄日が差すほどだったんだけど・・・

冷たい雨が降り始めました。

雪にならなければいいけど・・・




2014年12月15日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら


1 2    全47件




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2014年12月
 
     

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (154)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (42)
4月 (35)

アクセスカウンタ
今日:712
昨日:4,756
累計:9,621,697