TONちゃん日記 - 2012/09






2012年09月30日(Sun)▲ページの先頭へ
増上寺と東京タワー
個人的には、こっちのタワーが好き・・・・

ワクワクしてくる。


改めて眺めていると、
歴史のある増上寺に近接してよくもまぁ・・・

こんな高くて、赤白に塗り別けられた派手な鉄塔が建てられたもの・・・・
と、思わされる。

それだけにもし電波塔としての役目はスカイツリーに譲り、使命は終えたというのなら、土木遺産としてもとの流麗な美しい塔に戻して欲しいと思うのはTONだけだろうか。




浅草のそら





2012年09月29日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら




2012年09月28日(Fri)▲ページの先頭へ
浅草のそら




2012年09月27日(Thu)▲ページの先頭へ
七宝ストラップ完成
念珠のカテゴリーに入れてよいものか・・・・
とは思いますが、玉を利用して作るのだから気持ちは念珠です。

紐房に使用する正絹紐もいささか広うござんす。です。

七宝のストラップを御所望でしたので、糸も仏教の五色にちなんだ紐に決定。



あれ?

なんか変だよ・・・

左右の長さがまるで間違えて、しかも気付いたのは切っちゃった後。
片方は編込みがあるのだから、その分長くしないとね・・・小学生でもわかる問題です。



気を取り直して・・・
しこしこ作り直しました。
真珠にはてこずりましたが・・・・

やれば早いのだ。

で、
かんせーーい。



ルビーとサファイア


赤はルビー。
青はサファイア。何れも天然です。




本翡翠大玉


10mm玉の本翡翠です。
綺麗どころばかりのブレス念珠。




象牙に輪島塗り
希少性の高い本象牙の丸玉に輪島塗のパーツを組み合わせてみました。



ここの部分が輪島塗。


螺鈿細工の玉も可能と言うことは、面白い表情が創れるということです。

奥が深いなぁ・・・・・日本の技術。




象牙の骸骨


いつまで作れるのかな・・・

海外製にはない写実的な彫りの骸骨。




浅草のそら


星月菩提樹みかん玉
星月の尺二寸みかん玉のボリュームです。

栴檀みかん玉(尺)との比較でボリューム感はお解りいただけると思います。









2012年09月26日(Wed)▲ページの先頭へ
浅草のそら

夕方になっちゃった・・・・




2012年09月24日(Mon)▲ページの先頭へ
勾玉つき・・・・


こんな改良も面白いですね。




浅草のそら


2012年09月23日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2012年09月22日(Sat)▲ページの先頭へ
秋らしく
御木先生の絵も秋らしくしました。



浅草のそら


2012年09月21日(Fri)▲ページの先頭へ
栴檀



栴檀は双葉より芳し・・・・
というが果たしてそうだろうか。

さておき・・・
「栴檀が近くの公園になっているのよ」とお客様との立ち話から今度もってきてあげるわねとお見送りして、2時間後にひょこっと再びおみえになった。
聞けば江戸川区の公園なのだそうだ。
手を伸ばせば簡単に切って取れるからと持ってきてくださったのが写真に写っている枝。

ん〜〜。。。。この場合は手が伸ばせるからという問題ではなくて・・・
浅草ー江戸川間を苦とも思わないで往復してくださったということに焦点を当てたつもりなのだが・・・
愛は与えて忘れなさいと言われますが、文字通り体現されたのを目の当たりにした感がありました。自分にも同じようなことができるものかと反省仕切りです。




浅草のそら


2012年09月20日(Thu)▲ページの先頭へ
やれやれ
お客様の合間に作っているから全然進まない。

これくらい2、3時間集中してやればできる本数なのに。

丸一日かかっちゃったよ・・・



でも・・・

銘木はいいですね・・・

ぬくもりがあって、いい木の香りがして。

作りながら癒されていきます。


松、鉄刀木(たがやさん)、槙、屋久杉・・・・
素挽きの玉はいい。




浅草のそら




2012年09月19日(Wed)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2012年09月18日(Tue)▲ページの先頭へ
また作っちゃいました
羅漢彫りの余り玉でした。




浅草のそら


2012年09月17日(Mon)▲ページの先頭へ
光陰矢のごとし・・・
この暑さいつまで続くの?
「の?」から、以前はどうだったんだろうと昔の日記をひっくり返してみたのであります。

そしたらいの一番に釘付けになったのがこの日記。
暑い寒いはどこへやら・・・・


子供の運動会の写真だったわけでありまして、

http://nenjudo.noblog.net/blog/10248196.html

6年前はまだ小学生・・・・か。
今は親を見下ろす奴が・・・・か。
こんな純真な時もあった・・・・か。

つい・・・・
暑さを忘れたTONでありました。


時間は刻一刻とカウントしているのであります。




やっぱりテグスはテグス


念珠の直しで時々念珠の業界外(他国のものもある)のものを承る。
概ね糸が細い。細いゆえに切れやすい。まあ他国製のように見えるところだけ見栄えよく見えないところには全く手を尽くさないものもあるが・・・
義憤にかられるか気を落とすか平気ではいられなくなる。

木綿糸二本くらいで通してそれで良しとはどんな気持ちでいられるんだ・・・

本来なら玉の穴を開けなおしてくださいとお勧めする。
入手時点よりはるかに高くなる。当たり前の話しだ。念珠としての玉造りは手がかかっているのだから。その分手を抜いて・・・いやいやちょんぼ・・・いやいや作業をショートカットして流通してしまったのだから、一人前の玉になるためには結局同等の、それ以上の労賃がかかってしまうのだ。

真珠の場合は、はからずも念珠になろうとは始めから思っていなかったのだろうから、穴は小さい。これが広いとネックレスとして仕立て辛くなる。

やはり餅は餅屋の玉を使用して欲しいとTONは思う。

で、その宝飾用の玉を使用して念珠にする場合で玉穴を開けなおさないという場合は仕方なくつりに使うテグスを利用して仕立てる。

でもあくまで暫定的なものだということを忘れないでいただけたらと願う。

テグスは決して強くありません。
まだわずかしか時間が経っていないのに、テグスは玉の触る部分で白く濁っています。
この部分から疲労を起こして切れやすくなります。



じゃあワイヤーにとなるのですがワイヤーも案外もろいもので、念珠となって使用される法具としての念珠はいかに厳しい環境下で使われているかということを考えさせられます。

やっぱり念珠は伝統に即した作り方が一番いいのだと思います。



浅草のそら


2012年09月16日(Sun)▲ページの先頭へ
木玉比べ
上から尺三みかん(天竺)、尺三みかん(正梅)、尺二みかん(沈香)、尺二丸(白檀)、尺丸(白檀)、八寸みかん(白檀)です。



素材の違いもあるし・・・・
比較するには解りづらいですね。(^^;



鶴亀ストラップ(^^)
余りの玉でちょこっと作りました。





鶴亀ブレス
こっちも片手から腕輪に仕立替えです。



1 2    全58件




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2012年9月
           
           

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (114)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (37)

アクセスカウンタ
今日:5,401
昨日:6,194
累計:9,463,243