TONちゃん日記 - 2012/04






2012年04月30日(Mon)▲ページの先頭へ
玉の持込み
ちょっと面白い玉をお預かりした。

念珠用の玉でないことは歴然。

今は生活雑貨のお店でも取り扱うようになっているもの。
どこでも入手できる(決定的に念珠用とは違うので念珠に仕立ててもどうしても寿命は短くなってしまう…)。







あとは編みこんで房を付ければ完成です。





切れますねぇ
透明のシリコンゴム・・・たぶん紫外線に耐えられないのだと思う。
糸で結ぼうとするだけで弾力性を失っているためにボソボソ切れてしまう。
だからうちはオペロンゴムが手放せない。



ギロチンを楽しんでいるわけではないんだけどな・・・




浅草のそら



2012年04月29日(Sun)▲ページの先頭へ
ありがとう・・・・
遠野の物語りをお話ししてくれましたね。

遠野弁で語られる物語は、母親の仙台バイリンガルで耳の慣れている僕でさえ30%の理解力だったです。

そもそもKさんとの出逢いがそんなお話からの出逢いでしたね。

お付き合いさせていただいてから20年近くたちました。

出征兵士の夫との別れの話しでは、二人して泣き出してしまい店内にいながら困ったものです。

しかし、泣くなと言うのは無理です。

だって、当時結婚と言っても顔も見たこともない相手と形だけの婚姻であり、おまけに祝言にも出征準備で妻だけの式。

それではあまりにも妹がかわいそうだとお兄さんが一時集合となる練兵場に連れて行ってくれたという。

遠目に「あの人だ」と指差す方向に夫となる方が偶然にも出会えた。
兄に促されて一言二言もじもじしながらの挨拶。それが帰らぬ人となった夫との最初で最後の出会い。

10代のKさんに戻って話してくださいましたね。

Kさんのおじいちゃんが大将時代に建立したお寺は岩手でも有名なお寺になっているけれど、Kさんが男の子だったら寺を継がせたのにと顔を見るたびに惜しがっていたおじいちゃんのお話し。

そのおじいちゃんに小さい頃から仏の供養について広い敷地に点在するお堂を巡りながら散々鍛えられてきた話し。

寺に寝泊りしなら小僧と同じ生活をしながら思春期を迎えたお話し。

お寺の本尊になる大木の切り出しの話し。

北海道の親戚の家を残すために北へ向かう話し。

北海道では馬二頭を操りながら農作をされていた話し、その腕を買われて全国の農業指導をされていた話し。

お坊さんにならない代わりに終生人助けに生きようとカイロの草分け的存在となった話し。

60歳を越えた齢にバス待ちの列を乱す傍若な若者を合気道でエイと投げ飛ばした武勇伝。

東京に来て数十年たつけど、遠野弁は健在でごめんなさい30%の理解力しかなくて。
でも充分伝わりましたよ。


80歳を越えてもリュックを背負い灼熱の夏も寒風吹く雪の日も文字通り走り回っていた姿は、冷暖房完備の店内にいながらもあくせくしているものにとっては脱帽でした。

140cmに満たないだろう本当に小さい体ながら、大男を投げ飛ばした話しに代表される正義感、毎月東大病院の解剖学を欠かしたことがなかった、時間があっればあらゆる本を真剣に読んでおられましたね。そんなパワーがどこに隠されているのだろうといつも教えられてきました。

もう90歳だったはずですよね。
Kさんまたいつか逢いましょう。


本当に、ほんとうにありがとうございました。




霞んでますね。





浅草のそら


2012年04月28日(Sat)▲ページの先頭へ
錫杖四題
お預かりした銘木を職人に挽かせて錫杖柄を成形しました。
お客様に一時返し擦り漆をかけまた手元に戻ってきました。

で、最終仕上げとして石突と錫杖本体を取り付けることとなる訳です。

なにせ硬い。
成形時も職人が泣いた代物。
床柱にしようとするほどの緻密な木を使用しただけに欅を削ぐような訳にはいかなかったのでした。

まず石突。
石突の内径ピッタリに作ったはずなのだが、漆がかかったぶん太ってしまったようです。




グラインダーがあればサーっと撫でてしまえばよいのだけれど、なにせ旧態依然の手作業のためこれ一本です。





終了間近。

錫杖の取り付けも手作業。

錫杖の内側は、芯が取れてない場合があるので、規格品のように一律ではいかないのです。
微妙な金属の肉厚の厚薄を確認しながら芯を取りながら削ります。



で、終了。




浅草のそら


2012年04月27日(Fri)▲ページの先頭へ
八重桜の絨毯
駒形堂の八重桜ももうピンクのじゅうたんを敷き詰める季節となりました。

早いですねぇ。。。







また来年もよろしくね。




浅草のそら



2012年04月26日(Thu)▲ページの先頭へ
でかい!天眼石
片手用ですが、もちろん腕輪にだってできますよ(^^)




親切?


ある団体から届いた総会参加有無のはがき。
返信はがきが付いている往復はがきとなっていた。
忙しくてとても行けないので、お断りの内容を返信はがきにしたため、表書きの先様の下に敬称を入れようとすると・・・・

返信先にはすでに御中が印刷されていた。

ん?

なんかおかしいぞ。
「御中」とは
団体の誰に出してよいか確定されていない時や、団体名そのものに対しての敬称とおもっていたが・・・・

印刷されている・・・

個人に置き換えれば・・・

「俺様」あてか。

ふ〜〜ん。

書く手間を省いてくれたのだから
親切と思うべきかな・・・






浅草のそら


2012年04月25日(Wed)▲ページの先頭へ
摩尼腕輪黒檀版


渋くてなかなかいいですね。




テラスを歩く
厩橋下にはテラスが駒形橋まで完成している。
いつか白髭橋を越えてプロムナードになる。

橋上から上流を臨むとどことなく気持ちがよい。
歩いてみようかと言う思いにさせてくれた。




こんな看板もあってほほえましい。








これだけ川の断面を減らしてしまうのだから、洪水対策は大丈夫なんかと老婆心を覚えてしまうが、上流域で地下遊水地が稼動したり、浚渫が進んでいたりで、豪雨時パラペットを謁水することはないと踏んでのことなのだろうと考え及ぶことにした。

全線開通したら、川面を見ながら走ってみたいと思った。




浅草のそら


2012年04月24日(Tue)▲ページの先頭へ
ジルコニアカット
ダイヤの代用品にされるジルコンのアメジスト色。
TONの一番お気に入りの一品。

屈折率がダイヤモンドに近い。
ゆえに、輝きが水晶のそれとは比べ物にならないのだ。




ちょっとモデルが悪いけれど。。。。



貫禄




浅草のそら



2012年04月23日(Mon)▲ページの先頭へ
南千住から
南千住からも望めるスカイツリーだけれど・・・

霞んで見えた。。。





本題から・・・・逸脱
写経を二十年続けていただいている群馬猿ヶ京近くのお寺「佛心寺」でお施餓鬼があるというので写経メンバーと出かけることとなった。

朝の11時からというので交通渋滞を考えて6:30に浅草を出発した。
上は85歳を筆頭に7人ばかり。
こういうとき年齢にたがわず行動派が揃っているといつもながら思う。

予想は見事にはずれて、9時過ぎについてしまった。
驚いたのは住職。


高速のサービスエリアで仕入れた情報を思い出し、
群馬サイクルスポーツセンターに行ってみることにした。
ロードレースがあるという。


ゾクゾクと集まるレーサーたち。




こういう光景を見ると血が騒いでくる。



杉木立の向うにコースがあるのだが、練習風景は撮り損ねてしまった。



いやーーここにいたかったぁ・・・

おかげで1時間はあっという間に過ぎ去ってしまった。
ご婦人たちもなにやら僕に調子を合わせてくれて、一緒に騒いでくれた。

のんびりし過ぎて危うく本命のお施餓鬼に遅れるところだった。


住職いわく日本一小さいお寺です。




梅です。
桜はまだまだ咲きません。




お寺の精進料理はおいしゅうございました
徹夜で作っていただいたゴマ豆腐は美味しかったぁ・・・・

雨男のTONもどうやら参加者の晴れ女にかなわなかったとみえ、帰路に着くまで一雨も降らせなかった。




浅草のそら


2012年04月22日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2012年04月21日(Sat)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2012年04月20日(Fri)▲ページの先頭へ
母の日
















浅草のそら




2012年04月17日(Tue)▲ページの先頭へ
供養の形




1 2 3    全82件




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2012年4月
         

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (425)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (42)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (38)
7月 (32)
8月 (38)
9月 (31)
10月 (40)
11月 (35)
12月 (15)

アクセスカウンタ
今日:4,504
昨日:4,353
累計:10,983,664