TONちゃん日記 - 2012/01






2012年01月31日(Tue)▲ページの先頭へ
さあ開店だ


今日も頑張ろう!

寒いけど・・・



浅草のそら



2012年01月30日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら


2012年01月29日(Sun)▲ページの先頭へ




骨折り損

せっかく付けたのにな・・・

不評に付き分離作業中。




浅草のそら


浅草は快晴です。
北風が、極極寒いです。
フリーザー状態からいつ開放されるかな・・・



2012年01月28日(Sat)▲ページの先頭へ
ときどき迷うこと・・・
時々自分が何屋さんだか解らなくなる時がある。

念珠屋であり、お香屋であり、仏具屋であり、お土産もの屋であり・・・・
お客様も「今、お香屋さんにいるからね」だの「あそこの数珠屋よ」とか「駅前のみやげ物屋」とか、名称を言い当てるのにいろいろ迷われる。(^^;

本職は仏壇屋のはずなのだけれど、念珠創りの専門から始まったので石も木も実も何もかも興味が尽きない。
組成を調べるだけでも楽しくてならないものだから、材料だらけになってしまった。念珠の素材だけでもどこにもひけをとらない素材は集めた。
さらに前は、お墓の設計もしていたし・・・もともと土木方面の技術屋だったからお墓の整理も難しいものではないし・・・


自分でやってみないと気のすまない性分に生まれてしまったもので、なぜそうなっているのか、どういうからくりになっているのか、分解してみない時がすまないという厄介な星があるようで、興味がそのまま仕事になってしまった。

念珠創りだけしていればよいと思うのだけど、頼まれると断れない性格も相まって、宝飾の製作まで手を染めるのだ。

ま、これは簡単な部類ですが・・・・、




いろいろありますよ



いろんな大きさが集まりました。

もう一種類ありますが、こうして並べてみると、一長一短ですね。

そのまま懐中仏でいいものもあるし、

お財布にはるようなものも、

応用してストラップに化けるかも知れません。


イメージが膨らみます。





浅草のそら



寒い寒い・・・・って言っても寒いんだから、もう言いたくない。

けど寒い。




2012年01月27日(Fri)▲ページの先頭へ
喜寿と塗香
昨日のお客様、77歳喜寿のお祝いのお返しにと、塗香(ずこう)と塗香入れを十数人分お求めいただいた。

商品を選ぶにも「見えないので手に触らせて」と初めて全盲であることに気づかされるほど若々しく、足元もしっかりされていた。

商品を包装している間、こんなエピソードを聞かせてくれた。

「以前殿方に塗香を差し上げたら、とても喜んでくれたのよ。
いい香りだと言ってずっとポケットに入れてくださっていた。

同じものを何人かの若い女性にお見せしたけど、「なにカレーみたいな匂い!」って毛嫌いされたの」と笑いながらも日本文化の衰退にやや危機を感じ気を落とされていた。


「眼が見えないってことはいいこともあるわ」
片目の僕には奇異に感じ聞き返した。

「眼が見えないと自分の老いた姿を見ることもないし、耳が眼の代わりになってくれて相手の心が読めるようになったのよね。人間の体って凄いと思ったわ」

さらにこうも付け加えてくれた。
「全盲のお友達が道案内してくれるのよ。そこ危ないよ。もうすぐ右に曲がるよ。とかね。どうして解るのかしらと思うけど、にわかめくらの私には解らない五感をお持ちなのよね」

と、微笑みながら応えてくれた。

僕は、(いえ。あなたの心はもっとすばらしいですよ)
と心の中で応えていた。


ビンロージュ琥珀仕立





素挽きは味がありますね。
12,600円





椎朱の18玉
椎朱。かなり入手が困難になってしまいました。

後継者不足・・・

大きな原因のひとつです。






会津から材料の支給を受けての製作になるのですが・・・・

伝統産業を使って製作する念珠は、本腰を入れて産業保護に回らないといけないんだと思わされます。




浅草のそら



2012年01月26日(Thu)▲ページの先頭へ
グリーンクォーツ
なんでこんなに安いの?と思うほど安価。

グリーンクォーツ大玉ながらみかん玉。





これで24,000円ですもん・・・・




浅草のそら



からっと晴れているのにね。
掃き寄せた雪は、根雪になっています。
寒いです。


2012年01月25日(Wed)▲ページの先頭へ
特注二点



紫水晶は、ピシッと締まるし、
バラ貴石を挟むと柔らかくてどちらもいいですね。




お礼参り
nenjudo.noblog.net/blog/c/10234760.html

この日記を書いてからもう5年を越えている。

時の経つのは実に速いものだと改めて驚いている。

5年前の6月頃に引き受けた仕事は、観音菩薩の製作だった。


その観音菩薩のモチーフとなったのが、施主さんの実のお母さんをモデルの仕事だった。


ほぼ同年代の施主さんのお母さんであった。
昭和30年代前半当時の標準的な普段着であり、代表的な姿、割烹着(かっぽうぎ)を着て、おんぶ紐で子供を背負う「日本のお母さん」なのだった。

「このように彫ってください」と依頼され渡された写真を見るなに熱いものが止め処もなくこぼれた。
気づかれてはならじと苦慮した。
昨日のことのように思い出す。


そのお客様の再度のご依頼で、千手観音をご依頼いただいた。

今回も独特の仕様で彫ることはもちろんのことだった。
施主さん、つい最近大きな病気をしたのだという。
しかし、すれすれのところで死線を免れた。

俗に言えばあまりにもついていた。
しかし彼はそう考えなかった。
観音様の手が彼の手をひいてくれたのだろうと考えた。

そのお礼参りとして、お姿を彫刻するということ。

すこしでもそのお手伝いできることがとても嬉しい。




四国別格の念珠特注
四国巡礼の別格20番札所で配布される玉を集めてのお念珠仕立。

結願すると親玉に同梱されている紐で縛るだけの念珠ではあまりも情けない。
ということでこうして仕立に出される方々も結構多いのです。

この念珠はさらに房も全て特注でした。

紫紺に金ラメを配置する正絹房。
さすがにTONはここまで自作しませんが・・・
(いや・・・やれと言うならやりますよ(^^;;)





こんな感じになりました。




お釈迦様


釈迦如来のご仏身。

この大きさで水晶眼を入れているのだから驚きだ。
控えめの金泥もTONちゃん好み。

厳密に言うと、如来の顔ではないのですが・・・それは今風に考えるべきであって、仏像を拝む対象は「今生きている我々」なのです。今必要なのです。

威厳よりも癒しが、今を共生きする立場での菩薩が求められているように思うTONなのでありました。
賛否両論いろいろありましょうが・・・




浅草のそら


冷蔵庫の中にいるような底冷えのする朝です。

さあ。一日がんばりますか!




2012年01月24日(Tue)▲ページの先頭へ
本翡翠念珠



浅草のそら

雪の雷門です。


雪国のようですね。



カラッと青空。

でも・・・暖かくありませんね。
雪が全然融けません。




2012年01月23日(Mon)▲ページの先頭へ




強いみかた
法律が改正されてライターの扱いに苦慮している。

なんといってもライターの着火に恐ろしいほどの力が必要となった。

販売する側も恐縮のし通しなのだ。

お年寄りの方にはどうやっても着火できない代物を店頭に並べるわけにいかない。

100円ライターは、店頭から消えた。

そこでマッチの復権となってきたようである。

家の中ならマッチで充分ライターの代替になる(ちょっとおかしな話だけれど・・・)。

風の吹くお墓参りでお線香に火を付けやすいように工夫されて一時は飛ぶように売れていた風防ライターも、風前の灯となっている。

そこで、墓前で使ってもらえればと探したのが、このライター。

普通のライターの火ではこのとおり。

火力が弱くて炭を起こすのに時間のかかること。

で、このミニバーナーです。


1200℃の火力であっという間に炭もおきます。

ガスの充填式なので、スイッチは楽に押せます。





もう梅の季節

ただし念珠堂では・・・ですが。








黒檀五鈷




浅草のそら




2012年01月22日(Sun)▲ページの先頭へ
浅草のそら




2012年01月21日(Sat)▲ページの先頭へ
不動明王巻火焔


柘材の不動明王。

小さいけれど精密彫りです。




1 2 3    全85件




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2012年1月
       

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (114)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (37)

アクセスカウンタ
今日:5,401
昨日:6,194
累計:9,463,243