TONちゃん日記 - 2010/11






2010年11月30日(Tue)▲ページの先頭へ
まぶしい!
お正月でもないのに頭がぴっかぴか。

人の出は明らかにおおくなっています。















改装
水晶切子の本連を片手二本になさりたいと、改装のご依頼で承った。





星月菩提樹 5色紐房



こういう作り方もありですね。

五色房だと重々しくなるところですが、片手だと案外軽快な仕立てあがりです。




気を付けないと




浅草のそら




隠す




2010年11月29日(Mon)▲ページの先頭へ




日々
いつもお付き合いさせていただいている業者の社長が、突然(自分としてはなのだが・・・)鬼籍に入ったことを知った。

ここ最近やたらと、この「突然」ということが多くなって、「またか」と思う気持ちと、「何故もっと話しができなかったかな」と言う気持ちが織り交ぜて沸々わいてくる。
故人に対しては誰でも思うことなのかもしれない。
でも、予兆っていつもながら必ずあるんだよね。

虫の知らせ。

今回もそう・・・

だから結局娑婆にいる間は、日々、一生懸命やることをやるしかない。今日逢える人には最高の出会いでなければいけないんだ、と気づかせられる。




日向ぼっこ




浅草のそら




2010年11月27日(Sat)▲ページの先頭へ
これもてすと




テスト





iPhoneから送信


金剛夜叉明王



特注の仏像の完成間近です。

ここまで彫始めからおおよそ50日。
持ち物はまだとけていないけど、彫りそのものは、迫力が出ていると感じられる。
完成時の良し悪しは、荒彫りの時点で、すでに予想はできるのだが。





浅草のそら ふっかーつ!



泣く泣く以前の携帯君にお別れをしました。
涙も乾かぬうちに、おニューの携帯を手にし、早速お試し。

おニューはiphon4。来春には5が出ると小耳に挟んでいたからそれまでは堪えようと思っていたのに、瀬に腹は変えられず飛びつくことになってした。
新しい物好きは浜っ子の特徴だけど(神戸っ子もと聞きますけど・・・ね、Kさん)ここまで忍耐していたのに堰が切れました・・・。




2010年11月26日(Fri)▲ページの先頭へ
ついに昇天・・・
「洗濯機からなんか変な音がするわよー!」

と、
上さんの大声に不安を覚え、そ〜〜と近寄ってみると

水のしたたり落ちる携帯電話を手にする上さん・・・・・絶句
ズボンのポケットに入れていたのをすっかり忘れていた。



もう丸4年?相棒でいてくれた。ちなみに「浅草のそら」はずっとこの携帯電話からのレポート。

電池が膨らみ始め、フリーズもしょっちゅうとなり、色温度も安定せず、電話のかかり悪くなってと調子がどんどん悪くなっても・・・・愛着があって、もうちょっともうちょっとと思いつつ、先延ばし先延ばしに大切にしてきたのに・・・・

こんな形で終焉が訪れようとは・・・・

しかも、ぜーーーんぶ情報も消えてしもうた・・・


復旧できないかな・・・


通電しないから無理かな・・・


こんなにあっけなくいってしまうんだなぁ・・・・






2010年11月24日(Wed)▲ページの先頭へ


ちょっとご紹介
年賀状の季節が来ると、師走の慌ただしさの前触れと、新たな年への心構えとがごちゃまぜになって迫ってくる。

年賀状とは実によい習慣と最近思えてくるようになった。
このときを幸いに、日頃の無沙汰を僅かな手間で陳謝できるのだから。

同時に、「喪中につき・・・」
の、文面で送られてくるあのはがきの存在があるおかげで親しかった人の入鬼籍を知るチャンスともなる。


数年前から年賀状の喪中はがきをいただいたことで、お悔やみ用としてお線香をお送りする方が増えてきた。

時期も時期。

日本薫物線香工業会からこんなパンフレットが出された。

とても解りやすくて結構濃い内容だったのでちょっと紹介。








漫画だけではなくてお悔やみ文例集や、表書きの知識が書かれていて解りやすかった。


ちなみに「香典」と言う言葉の意味は、文字通り香を供える意味あいからの言葉であるのだから、仏前に「お香を手向ける」ということは、とても功徳のあることなのだ。





オーダーです。
オニキスの切子と水晶の同じく切子のアッセンブルです。




スカイツリー 今


やっぱり蒼い空が一番似合うみたい。

防護ネットがはずされると、重々しさから開放されて思った以上に美しい姿になる予感がする。

東京タワーの足元に向けての二次曲線の美にはかなうまいとの思いもちょっと当てが外れるかもしれない。






浅草のそら


2010年11月23日(Tue)▲ページの先頭へ
きつねの嫁入り
地方によっては、別の言い方もあるようだが、
天気雨を子供の頃から教えられた。


天気はこんなにいいのに・・・










せっかく外に出した商品を慌てて片付ける様を「狐」の奴めどっかで面白がっているに違いない。


「コーン」





スカイツリー 今


第二展望台も、空中回廊も形が見えてきた。
もうすぐアンテナ部の工事に取り掛かるかな。




浅草のそら


2010年11月22日(Mon)▲ページの先頭へ
母心
台湾の方で、もうずっと長いお付き合いをしてくださっているお客様がいる。
かわいい兄妹と共に、年に2〜3回。

小学校はアメリカンスクール。
実に人懐っこくて、いつもニコニコお母さんもニコニコ。
僕も知らぬうちにニコニコ。

ニコニコを伝染させて帰る。

そろそろ逢いたいなあと思うと、後ろから突然

「店長さ〜ん」

と元気な声をかけてくださり驚かしてくれる。
そんなお付き合いも続くと身内動揺に感じてくる。

ある日、息子がアメリカに留学すると言い出し、あまりの心労にせめてお守りにと念珠を持たせた、
アメリカだからなかなかな押しには来れないだろうと、中ゴムをうんと入れてね。

それが何年たつんだろう・・・

「なかなか帰ってきません」
母親の心配をよそに、青春を謳歌していたのだろうか・・・
研究に没頭しているのだろうか・・・

いつしかお母さん、足を引きずるようになり
杖を突くようになる。
手術を繰り返す。

(どうしているかしら)

「店長さ〜ん」

やっぱり現れてくださった。

体が傾いていた。
「娘がアメリカに行くって」
170cmをとうに越え成長した娘もわが手を離れて飛び立とうとするる。

お母さん心がどうかしてしまいそうな雰囲気が会話の中に垣間見れる。


親の気持ちが、理解できるころにはみんなどうしているのかな。


ひきこもごもを感じる。


「NASAの宇宙船を打ち上げの時に、お兄ちゃんは映ると思うから、次の打ち上げの中継を待っているのよね」

半ば真剣にそんなことを言わしめる。そんな残される母の心にちょっとばかりキュントなった。





浅草のそら


2010年11月21日(Sun)▲ページの先頭へ


とんだ屁まをしたもんだ
最近図書館に行く機会が多くなった。

岩波正太郎の本を読み漁り、時代小説の主だったものはほぼ読みつくした。
次の本は「徳川家康」にしようと思い、棚は何処かな?と、館内に置かれているコンピューター端末で検索をしようとコーナーに近づいた。


残念ながら大人用の機械は若い女の子が懸命に検索していて・・・
「当分無理だな」

しかたない。隣のく子供用のに向かった。
背の低いテーブルの前で腰をかがめて打ち込むことにした。腰を折っているとジンジン痛くなってきた。中腰は腰痛持ちには最も悪いI姿勢なのだよ。


しゃがむことにした。

実はその直後、事件は起こった。

事件は予期せずして起るものである。

しゃがむとトイレに行きたくなった。
が、もうすぐ検索結果が表示されるのだ。

「なあに。結果を待ってる時間くらい大丈夫さ」

下半身に力を入れて、己に喝を入れた。

「ブヒ」ダッシュ(走り出す様)


・・・たらーっ(汗)
・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)
・・・・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

どこか下のほうでで強烈な破裂音がした。

一瞬、何のことやら理解できず、キョロキョロ周りを見回してみた。
そこには何も変わらない風景。

ただ、隣のコンピューターをいじっていた女の子が逃げていく。

(ん!僕?)

心は叫んだが、いまさらどうすることもできないじゃない。

心で口笛を吹きながらその場を去った。

TONのふてぶてしさにも驚いたが、赤面もしない己にちょっぴり歳も感じた。

ちぇ。


1 2 3 4 5    全124件




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2010年11月
 
       

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (425)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (42)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (38)
7月 (32)
8月 (38)
9月 (31)
10月 (40)
11月 (35)
12月 (15)

アクセスカウンタ
今日:40
昨日:4,353
累計:10,979,200