TONちゃん日記 - 2010/07






2010年07月31日(Sat)▲ページの先頭へ
いま


いま
花火大会を前にして、浅草はごった返しています。



浅草のそら


花火大会のためのバリケードが町中を覆っています。










2010年07月30日(Fri)▲ページの先頭へ
水晶切子にオパール仕立
天然オパールと茶水晶
主玉は水晶切子の筒型なのです。






もう400メートル


ちょっと早いけど、400m。
明日の花火大会当日に400mに成長するとか。
234mですね。





改装
日蓮宗から真言宗へ




ここから必要な玉を抜いて、親玉(日蓮宗は大きいので)と、つゆ玉(形が違うので)を交換して、五色紐に赤中糸に仕立てる。







とこうなるのです。




浅草のそら



2010年07月29日(Thu)▲ページの先頭へ
やっと
彫りあがったカンマン
八大童子。


誕生日というもの


四捨五入すると赤いものを着る大台に乗ってしまう歳になってしまった。 (まだあと五年あるからちょっと間があり、チョット安堵しているのだが)
お店の子が察してくれて近所の高いケーキで祝ってくれた。

想えば不思議なものだ。
33歳が自分の終了の歳だと、深刻に思い続けたことがうそのように時が流れた。

その思い込みは何処から来たのか?と質問されても、実のところ答えられないのだ。
が、10代半ばから何故か、深刻にそして真剣に思い込んでいた。

33歳までは引き算の人生だったし、それを越えてみると足し算の人生と思えるのだ。
振り返るとそのT・Pの歳に上さんと暮らし始めた。
つまり文字通りT・P(ターニングポイント)なのだと思う。

どういう縁なのだろうかいつも不思議な感覚に襲われる。

上さんに時々話すが、いつも信じてはもらえず笑いでぶっ飛ばされてしまう。
もしも結婚するならば、化粧はしない人がいい。名前は○○がいい。素朴のほうがいい・・・と自分の姿も省みず御託を並べていた。10代後半のことだ。

家庭を築いて数年たったある日、ふと気づいた。
あれ?自分の考えていた以上に全てが的中しているじゃん。
むしろもうちょっと抑えてもいいくらい・・・と思うほどそれは「叶えられていた」(あえてそう言う表現を使いたいと思う)
相手に対しての要求は全部かなえてくれたことになる。
本人は全く忘れていたというのに。

きっと神様と言うおかたはいるのだろう。
果たして自分はどうなのだろう。

「お礼参り」と言う言葉がある。

人はよく神社や寺で願をかける。
日本人ほど(何の神様にも)お参りするのが好きな人種は、世界にも稀ではないだろうか。
寺に神社に教会にモスクに道の地蔵さんに・・・構わず手を合わせ願い誓う。

でもそれは結果から見れば「願い」だけが多いように思う。
神仏に誓い、お願いし、叶えられたとき嬉しさのあまり(なのか?)、神仏の前で誓ったこともすっかり忘れる。お返しすることなど何処吹く風。
喉もと過ぎれば・・・の例えどおりであり本来これほど失礼なことはないのだという。


歳を重ねるたび、当日になるといつも思い出させられること。
終了だと思っていた日が、人生出発の日にさせてもらっていると言うのに・・・
この足し算の間に何をお返ししなければいけなかったんだっけ・・・

と。









五王平ブレス


水晶平玉の切子にこれまた水晶の色石5色で組み立てている。
紫、シトリン、ピンク、ブルー、アベンチュリン

ちょっとおしゃれにできていると思う。けれど・・・
切子の水晶が限定品なのでいつまで続くかなぁ。





スピネル


今、流行のスピネル。
これはブラックに当たるのだけれど、光に透かしてみると、微妙に濃いワインレッドが顔を覗かせる。上品な色。

冒険心を掻き立てる、内在している自分を引き出すとあれば面白い石と思えるが。
いかがなものだろうか。






浅草のそら


2010年07月28日(Wed)▲ページの先頭へ
浅草のそら






浅草寺の空





空が広く見えます。





柵の中





管理道路でも道路は道路。
いつまでこんなことさせるのかな・・・

風物詩と言うにはあまりにもグロテスクだと思うのだが。






2010年07月27日(Tue)▲ページの先頭へ
お客様
ちょっとかわった方々が来店された。

店の子が他のお客様と応対している最中、横から何やら尋ねてこられたお客様が、こちらに振り向けられたのだった。
僕とて念珠の改装を頼まれて数分で終らせるために奮闘努力の最中だったのだが・・・

その方は、雷門が何故造られたのですか?
と聞いてきたのだ。
何故にもいろいろな意味が含まれる。
イントネーションを聞くと、どうやら海外の人のよう。

韓国かなぁ・・・

しきりに印刷物に目を落しながら質問する。
覗き込んでみると、質問事項がびっしり書いてある。

いくつか回答すると、
「みんなこっちにおいで」と手招きする。
がやがやと何処にいたのかと思うほど、そう、中学生くらいから大学生くらいまでの海外、アジア系の若者たちが僕の周りを取り囲んだ。

夜道にこんなことになったら一目散だろうが、此処は明るい店内。
僕の言葉を熱心にメモする者も。

「何の集まりですか?」指導教官っぽい女性に尋ねた。
「外国語学習です」と答える。

浅草橋にある外国語学校の生徒たちが、実地勉強として浅草に来たのだという。

なるほど。

海外に来て勉強するほどの彼ら彼女らだ。目がキラキラしている。
「吸収するゾ」と暗黙の内にも伝心される。

細かいことまでお話ししてみたけど、伝わったかな・・・


またね。
またおいで。






いよいよ


花火の季節です。

ただね・・・

ただ、

川の堤防沿いを汚すのは止めようね。
朝ジョグのホームコースの隅田川の堤防上道路は、場所取りのためのガムテープが汚らしく貼りまくられています。

気持ちはわかりますが・・・
下品さを絵に描いたような光景です。

明日の朝、どんな状態か写真を撮ってみるとしましょう。





浅草のそら


2010年07月26日(Mon)▲ページの先頭へ
浅草のそら


紫水晶のBBシリーズ


2010年07月24日(Sat)▲ページの先頭へ
編み込み




天台宗脇仏
以外にありそうでないのが天台宗の脇仏。

伝教大師最澄と天台大師の祖師像。




伝教大師のアップ。




写真のものは檜だけれど、柘もあります。




1 2 3 4 5    全127件




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2010年7月
       

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (292)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (42)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (38)
7月 (32)
8月 (26)

アクセスカウンタ
今日:6,535
昨日:5,303
累計:10,213,097