TONちゃん日記 - 2010/04






2010年04月30日(Fri)▲ページの先頭へ
雰囲気満タン





この雰囲気がいい・・・




浅草のそら


2010年04月29日(Thu)▲ページの先頭へ
股木ちょうちん


我が通りにも三社祭りの準備のために股木提灯が揚げられました。
敷石の参道に提灯は何とも風景がいい。


こうなってくると、ソワソワし始めるんです。
この町も、
人も。




大施餓鬼会


日本一小さいお寺の、日本一大きい施餓鬼会と読めました。





ここは群馬。
仲の良いお客さまと参加して来ました。

心温まるおもてなしと、祈祷と、笑いと、自然は、最高の癒しの場でもありました。


こんな涙の出る大施餓鬼なんて、どこにもないな・・・。
お寺の規模や歴史ではないことをつくづく痛感した次第です。

式の最中閉めきっていた扉を、大施餓鬼終了時に開け放したとたんに、川の向うから吹いた一陣の風が、多くの魂の喜びの声かという気がしたTON店長でした。







浅草のそら


2010年04月28日(Wed)▲ページの先頭へ
この風景も見納めかな・・・
昔は二隻しか係留していなかったらしい。
川辺に人が集まるようになって、隅田川がまた息を吹き返してきた。

花見の季節、花火の季節、折々の季節に水上はもてはやされるようになり、屋形船も需要に応えるように隻数を増やしていった。

外に住む人には情緒ある乗り物でも、案外足元では邪魔扱いされたりするもので、景観に支障があると嫌われたりさまざま。


浅草の裏通りのごみごみした風景に昭和レトロを感じて好んで足を向ける御仁もいるかと思えば、あんなションベン臭い風景は浅草に似つかわしくないと思うお人もいる。

まさしく個人差なのだと思う。


ぼく個人は、こんなごちゃごちゃして火が出たらどこに逃げるんだろうとか、水が出たら、護岸は大丈夫だろうかとか野暮なことを考えるのではなくて、この風景に何となくホッとするものを覚えるのだが・・・


吾妻橋から見た浅草側



重機が取り外し工事をしていた


このごちゃごちゃ感がいいなだよね

でも、遊歩道の工事で、ここも消える運命にあるのである。





浅草のそら


2010年04月27日(Tue)▲ページの先頭へ


めんかのお守り










浅草のそら


2010年04月26日(Mon)▲ページの先頭へ




もう季節


有りそで、ないょ

ふつうの星月菩提樹片手にみえますが・・・


浅草のそら


2010年04月25日(Sun)▲ページの先頭へ


チャレンジ


どうでもよいことなんだけど・・・
一時期手相に凝ったことがあった。

随分昔の話のことゆえ、どの線がどういう意味を持っていたかなんて、とうに忘れてしまっている。
と、思っているのだけれど・・・

仕事上、ネットで販売するお客様に対して、商品を手のひらに乗せて写真を撮る機会が多い。
見てもらってokをもらうためだ。

そんなときはなるべく指紋が見えないようにアングルに気をつける。

自分の手を広げるのは、なんだか恥ずかしくなる。
でっぷりしてるとか、しわが多い、とかそういうことじゃあない。

見透かされちゃう。なーんて思ってしまうんだろうなぁ。


そんな眼が心の根っこにまだ残っているようだ。
手のしわは、最大の個人情報だと思っているからなのだろう。





スケールが判らなければ




浅草のそら


2010年04月24日(Sat)▲ページの先頭へ
商いのかたち
ネットの仕事をしていると、大企業ではないだけに(と誇らしげにいうことでもないのだが)ホームページの更新から商品撮影まで全て一人で行っている。

最近は外注する御仁が増えたが、どうもその気にならない。
ついていけない、というのか自分(の一部)を表現するのに他人の手を借りたくないという気が強い。

そうだから俄然、自分のカラーになってしまう。

でもそれでいいと今は思っている。
無理に美しいページにしたいとも思っていない。
ガバチョガバチョと儲けようとも思っていない。
手を出すとしたら、より多くの人との縁を持ちたいなと思ったときなのかもしれない。

自分の手の長さで収まる人とのお付き合いができればそれでよいと思う。今は。

必要以上に作りこんで、モールに出して、宣伝していけば、比例して売り上げもトントンと伸びた。それはしっかり体験した。
でも比例して楽しくなくなった。

この感情って、以前も味わった。
とにかく根が真面目だし、猪突猛進のところがあるから、一生懸命やる。
やればやっただけの見返りもそれなりにあった。
けれど人がお財布に見えてきたとき、人に命を感じなくなった時、全てやめた。
己の動機に不順を感じたらいつでも撤退できる。


だからお客様も自分も楽しいと思えるようでありたい。
そう思う自分の接し方、商いって何だろうといつも模索している。

答えが出た時には時代遅れになってしまうかも知れない。
けれど模索してみようと思っている。




オーダー確認
紫と茶、よさそうです。




鳳眼菩提寿みかん玉


1 2 3 4    全107件




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2010年4月
       
 

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (151)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (42)
4月 (32)

アクセスカウンタ
今日:651
昨日:5,523
累計:9,610,873