TONちゃん日記 - 2009/12






2009年12月31日(Thu)▲ページの先頭へ


我が通り




夏雲みたい・・・






正月の目玉です

2010年にあやかって、去年は2009円でしたから今年は2010円です。
もちろん本物の貴石ですよ。



浅草のそら


2009年12月30日(Wed)▲ページの先頭へ


子供心
正月を目の前にしながら、なんだかワクワク感が沸かない。
というのはどうしたものかと思っていた。

ボーっとしている時にふっと思った。

子供は今に生き、

青年は未来に生き、

老人は過去に生きる。

そう言えばそうだなあ・・・

子供時代は後先を考えなかった。
結果がどうなるなどとも予測しないし、経験値もない。
やることが始めての連続だった。

同じことをやっていても昨日のことは忘れていたもの。
だから常に新鮮に事に当たれた。

青年時代は先々いつかこうなりたいと、常に現状に満足しなかったし、上昇思考の中で事に当たっていた。いつかこうなると目標があったから。
何の根拠もないのに。
そう・・・自分の先々を信仰していたようなものか。

経験値が溜まってくると変に予測したがる自分が見えてしまう。それこそなんの根拠もないのに。今のような時代は経験値なんて何の役にも立たないのに。
失敗を恐れているのではないのだけれど、先を予見してしまう癖が顔をのぞかせる。


朝のジョギングでいつもの周回コースではなく、違うコースに変えり距離を伸ばしたりしたとき、子供時代のワクワク感は起きるのだから、心のさじ加減によるところが大きいのかもしれない。
子供心は消えてないようである。





浅草のそら


2009年12月29日(Tue)▲ページの先頭へ
松房について
これは日蓮宗の一流派である本門仏立宗の念珠。



通常の日蓮宗と異なって、独特の房を用いる。

松房と呼んでいいのか多少迷う。
切房用の太い糸で軸編をしていき、その先は留めをして、きれいにほぐし終了する。

房のスタイルはなで肩が特徴だ。


糸を足しているだけなので、房をひっくり返しても・・・


何もない。

ちなみに通常の松房の場合は、付け房にしても、製作房にしても・・・
ひっくり返せばこうなる。



スタイルから言えば碇型の肩をもつ。
これこの通り。





新年も目の前と言うのに
正月はもう目の前なんだよね・・・

どうしたものか、今年は新年を迎えるワクワク感に乏しい。

もう年末の追い込みのなかにも正月の気分が沸騰してくるのに。

さあどうしたものかな。


浅草のそら


2009年12月28日(Mon)▲ページの先頭へ
工場看板も


携帯香炉でした。


なあんだ


浅草のそら


2009年12月27日(Sun)▲ページの先頭へ
我が通り 点灯開始
街路灯が仮営業です。




今年の工事はこれにて終了。

このトップに一之宮の象徴たる金の鳳凰が乗っかるのです。

ライトアップするので夜はさぞかし綺麗だろうな・・・
楽しみです。

そして、暗いアスファルト道路も、敷石の参道へと生まれ変わるのです。


桜の季節にはすっかり生まれ変わります。





浅草のそら


スカイツリーの見える風景


浅草通りで駒形橋を渡った辺りからの風景。
どの通りからでもその姿を垣間見れる。

もうランドマークとして固定したね。

これであと倍以上になるのだからすこぶる大きいのが理解できる。




2009年12月26日(Sat)▲ページの先頭へ




できました








浅草のそら


2009年12月25日(Fri)▲ページの先頭へ
時代
■セントラム登場、路面電車環状線36年ぶり復活
(読売新聞 - 12月23日 10:33)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091223-OYT1T00025.htm

地方の時代はこうして先行するんだな。
朝の情報番組で知った。

36年ぶりに「復活」という文字には何かしら不思議な感覚がよみがえる。

浜っ子の足は市電が便利だった。

安いし便利だし難点は、軌道敷内を走る自動車のために定時運転ができないから遅くなること。でもネットワークの良さで、同一料金で乗り換え自由だったし、停留所は細かくあるし・・・
電車道(軌道のある道路)がランドマークとなり年寄り子供にはよい目印になっていた。

けれど、一路線が廃止されると、ネットワークが崩れてドンドン不便になっていった。
不便になれば当然乗車率も悪くなる。悪くなれば経営も悪化していく。

「現代はモータリゼーションの時代。道路の真ん中をノロノロ走る路面電車なんて邪魔だ。古い撤廃しろ」そうして、広島や長崎など一部の都市を除いて先を争って廃止していった。

音頭をとっていたのは誰とは言わないけど子供心にも、違和感を感じたものさ。

で時代遅れと烙印を押したあの廃止廃止の狂想曲は忘れられない。

そんな時代を見てきただけに大切に運用していってもらいたいな。と思うのだ。


浅草の空


1 2 3 4 5    全127件




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2009年12月
   
   

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (154)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (42)
4月 (35)

アクセスカウンタ
今日:736
昨日:4,756
累計:9,621,721