TONちゃん日記 - 2008/05






2008年05月31日(Sat)▲ページの先頭へ
ほら


弥勒菩薩は難しい
シンプルなものほど難しい。
その典型的な例が国宝第一号の広隆寺弥勒菩薩だと思う。

そう簡単に線が出ない。出せない。
表情になると輪をかけて難しい。



若いとき、京都をブラブラしていたとき
半日以上ポカーンと魅入っていたことがあった。

なんてきれいな線を描いているんだろう・・・
なんの虚飾もない・・・
ひとつ間違えれば、この表情は全く異なったものになってしまう。

極限まで省かれたライン。



生き方においても、シンプルほど難しいものはない。

けれど、シンプルほど簡単なこともない。

けれどシンプルほど怖いもの知らずもない。
要は、「捨てられますか」と言うことなのだと思う。







今日は浅草のそら


プチ周遊
急に用事が入り厚木まで足を伸ばした。

千歳船橋までは、時々出かけるが、
さすが厚木までとなると意外に遠く感じる。

町田を過ぎる頃には車窓に釘付けとなっていた。
宅地が恐ろしいくらい多くなった・・・

厚木の仕事は早々に切り上げたので、あとは戻るだけ。
どうせ帰るのは同じなのだからと
別ルートで帰ることにした。
海老名から相模鉄道に乗り換え横浜へ。

相鉄は相模川の川砂を運ぶ為に敷かれた鉄道。
僕の子供の頃は、砂利電の別称がまだまだ大人たちの間では通用した。
相鉄の海老名駅を見てまず変貌ぶりに腰を抜かした。

田んぼの中の田舎駅のイメージはとうに過去のものだった。
どこかのテーマパークに迷い込んだかと思うほどの再開発ぶりに、
人口の激増ゆえと予想された。
7000系と8000系が仲良く並んでいた。
後発だったが8000系の先頭車輌に陣取る。
新車両と思っていたが、もう10000系代までできていたことを道々知ることになる。

そして横浜。
昼を過ぎたので、駅弁を買うことに。
もちろんシューマイ弁当である。

あとで気付いたが、弁当の質の変貌ぶりにわが目を疑った。

日付を見たら本日の9時製作になっているのだから古いわけではない。
なのにシュウマイがこわばっている。
冷えても美味しいはずのご飯がすこぶる硬い。
惣菜が簡略。肝心の顔つき瓢箪の醤油入れが何の変哲もないビニール袋に。
全体的に冷凍の解凍物ではないかというのが印象だった。

どこでも入手できるようになったと言うことは、こんなものかな。
赤福の例もあったけれど、
過ぎたるは・・・の故事にならないようにしてもらいたい。
せめてお膝元の横浜ではできたてを出してもよいのではないのだろうか・・・
食い物のことで男子が細かいことを・・・という気持ちもあるが
浜っ子は、シュウマイ弁当に思い入れがあるのさ。
食い物の恨みは恐ろしいよ。

また先頭車両に陣取り浅草まで。
川崎を過ぎて、だいぶ高架化工事が進んでいた。
建築限界ぎりぎりまで張り出している軒先を、
疾風の如き走り去る赤い弾丸の京浜急行のイメージも、
高架化で一新してきているが、
それでも120kmでの営業速度は気持ちがいい。

新人の初乗務だったのか、運転台に3人乗務の様子を飽きずに見ながら
あっという間に品川に着いた。


後は地下鉄。寝て浅草まで。

秩父行きが急きょ、プチ周遊となった次第。


2008年05月30日(Fri)▲ページの先頭へ
写経も完了なのになー

巡礼で納経する写経も終了。
これでいつでも飛び出せる。


あと天気さえ安定すればねえ・・・






2008年05月29日(Thu)▲ページの先頭へ
できました!!
紫檀の梵字ネックレスです。

梵字は八体仏を12oの素挽きの紫檀に彫りこみました。
なかなかの迫力に仕上がりました。



今日は雨です

分離帯の花も植えかえられました。


雨・雨・雨

動けるときはこのときしかないと、
今月の予定表に書き込んで、
自転車の整備を終わらせ、
持ち物の準備をして、
宿の空き状況を調べたり、
コースをもいちど確認したりと準備完了。

月末に秩父行きの予定を立てた。

・・・というのに・・・

なんと・・・
台風が近づいてきてしまっている。

明日から雨の予報だって。
暗雲がたちこめてきた。

僕の自転車、雨はダメなのです。
なんでまたこんなときに来るかなあ・・・

あ!そうか・・・


雨男だったもんナア・・・
忘れてた。



(目黒の若旦、那慰めていただいてありがとう)


2008年05月28日(Wed)▲ページの先頭へ
初めてのマイ便せん



頂いてしまった。

「お仕事よくできました」かどうかは解らないけれど、
Sさんから。お仕事の完遂祝い?

もっと筆まめになりなさいとの象徴かもしれない。

手漉き和紙。

もったいなくて使えない。
書くのが好きな僕としては願ってもないご褒美だ。

当のSさんは来月のスリランカ行きのための
予防接種で保菌作業中。疲れていらっしゃるだろうに、すんません。



ほら


お前は生きているというのは名ばかりであって・・・



腕輪の直しが14〜5本。
昼食をとっている最中にも依頼が入る。


この季節、夏場を前にして、通しゴムが気になる時期ではある。

預かった腕輪を見ると本当に持ち主の分身であることがよくわかる。

完璧に切れてしまってからお持ちになる方もいらっしゃるし、
ぎりぎりまで使い込まれて、3〜4本通しているはずのシリコンゴムが
一本の・・・(その1本も実は無数に細かい糸が束になっている)さらに細かい構成糸の数本をもって、
なんとかかろうじて繋がっているもの。

蚕が吐き出した糸が絡んでいるような姿になるまで使い込んでいらっしゃる姿。

僕の手に乗せたとたん、はらはらと切れていく腕輪。
ちょっとした感動を密かにする。


糸の体裁は守りながらも、じつはゴムの性質を全く失っているもの。
そんな姿を見るときは、ちょっとした感傷にふけるのだ。




2008年05月27日(Tue)▲ページの先頭へ
今日の浅草のそら


気付け!
年間3万人超の命が自らの意思で冥界に旅たつという。
ぼくも22歳のとき親友が旅立った。

どれだけぼく自身の人生観に影響を与えたか
当の彼でさえきっと思いもしなかっただろう。

人生を否定するということは、
数え切れない人の愛を自らの手で無に葬り去ることだ。

親の愛、祖父母の愛、祖祖父母の愛・・・
兄弟の愛、夫婦の愛、子供の愛、友人の愛、
ペットの愛、自然からの愛、
そして自分ひとりが生まれてくるための過去一切の血縁の愛を
一切を否定することなんだ。

その瞬間には、自分の世界しか目に入らなくなる。
自我の・・・
極度なまでの孤立感の中に・・・
視野が狭くなる。


そんなときは、
手のひらを見て欲しい。

そこに
大宇宙が広がっていることに

気付いて欲しい。

自分の意思とは関係なく、そこに息づく生命を。

自分ひとりが撃つうに孤立しているんじゃあないんだと言うことを。
関わりあって、存在していることを。

1人が地上からいなくなったって何も起きなんだ・・・なんてことは
ありえないのだということを。


自分1人がいなくなることは、
大宇宙が悲しむことなんだということを。

大切な私なのだと、
気づいて欲しい。



2008年05月26日(Mon)▲ページの先頭へ
今日の浅草のそら


巡礼の道
巡礼の道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


こんな道をいつか行ってみたいな。


サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路



2008年05月25日(Sun)▲ページの先頭へ
物より者
巡礼用の足にと、再生中の自転車を時々乗り回している。

この自転車で全国を走り回っていたとはいえ、
30年休眠させていた。ということは・・・
つまり、
ぼくも30年休眠していたのだ。
感覚を取り戻そうと早朝に転がしているのだ。


錆と埃だらけの愛車に、手をかけていなかった年月を思い知らされた。

使えない部品は破棄し、手に入る昔のパーツをしこしこ集めた。

とにかく若い頃なら膨大にあった時間が一体どこに行ってしまったんだろう
と、不思議な感覚に陥りながらも、
時間の合間を搾り出し、わびながらコツコツいじっていた。


往年のレーサーの精悍さにはちょっと及ばないが、
まあまあのところまではレストアは完成できた。

オーダーして30年をゆうに越えた自転車とは、
遠目では見えない。と思う状態になった。
これで足は万全。


あとは天候と、写経と、お店の様子待ち。
三拍子揃ったら
すぐに飛び出せるように旅の準備をしている。

ただ・・・一点

乗り回している間に気が付いたのだが・・・
握力が予想以上に落ちていた・・・

握力が何キロになったのかはわからない。
けれど、
ブレーキに力が入らない。

以前なら二本の指で簡単にブレーキ操作ができたのに、
しかたなくバーの下に手を回して(要するに競輪のような姿勢になって)
ようやくスピードコントロールができる。

あれ・・・
こんなはずじゃあなかったのに。
巡礼をするためには峠を越えなければならないのに、どうするぼく。


もっと初めにレストアすべきものを、
忘れていたようである。




2008年05月24日(Sat)▲ページの先頭へ
ちょうど良かった


木の違いがわからない


作り換え終了


蓮ちゃんとめだかたちの現在


今日の浅草のそらは晴れのち雨


メメザアフリカ
夜中にNHKをつけているとBSの再放送ををしていた。

アパルトヘイト廃止後の南アフリカの状況をドキュメントしていた。

マンデラ氏が初代大統領になってすでに10年を有に越えた。
自由を掴み差別からの開放であったはずの国がその現状は、
貧困と無秩序にさいなまされる現状であった。

かつての商都の路上には浮浪者があふれ、
略奪と殺人とレイプが横行する。
一時のニューヨークのスラムの状況を見るようなありさまであった。


そこにあって、二十数名の全てが片親で育った子供たちが団員となり
歌で国を変えようと立ち上がった。

「メメザアフリカ」と言う。

http://www.memezaafrica.com/

http://www.memezaafrica.com/Track08.mp3

リーダーの妹はアフリカで10人に1人というHIVで若くして亡くす。
団員たちの衣装役立った彼女は死の間際まで彼らのステージ衣装に気を配っていた。
彼女の死を題材に兄であるリーダーが創った歌を涙ながらに全員が熱唱する。
「トコズィレ」という曲。

恐喝と薬漬けの毎日から歌に命を見出したパーカッション役のタボ。
貧しいが故に妻と子供と共に暮らせない悲哀。
それでも地元の若者に楽器を教える。
自分の歩んだ道を彼らにはトレースさせない為に。

歌にこの国の未来をかけようとする若者たちの姿に、
灼熱の大地の憤りと、悲哀と、復興の情熱を見た。



調べていたら、NHKのサイトからはもうHPを閉じてしまっていた。
ドキュメントを流す以上は、情報の糸口を残すべきでしょ。
と思いながら誰かのブログからURLを発見できた。


2008年05月23日(Fri)▲ページの先頭へ
こんなに違う


青瑪瑙の真言宗


今日の浅草のそら


今日の写経

もう時間がないから今日は1枚だけ。

なんて思っていたのだがいつの間にか・・・
出しておいた4枚の写経紙を全て使ってしまった。
止まらなくなってしまう。


これで18枚目。

半分経過。




2008年05月22日(Thu)▲ページの先頭へ
ピッコロ-ハーブの香り
神戸の老舗メーカー「大発」の新しい香りピッコロ


天然ハーブ三種をブレンド(レモングラス+ラベンダー+パルマローザ)
女性の調香師によって調香されました。
とてもやさしい香りです。


一味違うということで、
さっそく試香品をいただいて(発売前ですからね)、

ピッコロを試してみました。


三本のスティックを束ねたような独特の形。
ここからして

「オ!」

っとばかりに驚かされました。


長さ4.5cm 燃焼時間は10分前後


上香(うわが)つまり火をつける前の香りは、
レモングラスの香りがよく効いていて、柑橘っぽくフルーティ。
「甘い香りの大発製品に今までなかった香りだ・・・」
第一印象です。
爽やかさは夏場によさそうですね。


煙はほとんど出ません。(火のつき始めに少々)



三角形に配置して組んでいるので、
見事!自立します。


ステックなのにローソク立てに立つ不思議。



ピッコロ用の香立てもあります。
なかなかスタイリッシュでおしゃれです。


白磁の小皿で灰受け用にしても面白そうだし

あまりよいデザインの乏しい家具調の仏壇用としても、使い勝手がよさそうです。

香スタンド付き 30本入で1575円
香のみ 60本入で    1050円

6月初旬発売です。





今日の浅草のそら



写経

今日も帰ってホッとしてから写経をする。
ゴタゴタ家のことをしているとあっという間に時間はなくなる。
書斎などあるわけもなく、居間が空かないと書くスペースもない我が家。

そこがまたいい。


昨日までで枚数は10枚
昨日はカウントを間違えて残り20枚と考えていた。
書き貯めが10枚と書くつもりが、どこをどう勘違いしたのか・・・


今日は4枚書いた。
秩父は34ヵ所だから、

今度こそあと20枚。
急いげばあっという間に書ける長さのお経だけど、
それでは意味がない。

だんだん
日々書くのが楽しくなってきた・・・




2008年05月21日(Wed)▲ページの先頭へ
興教大師


1 2 3 4    全96件




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2008年5月
       

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (364)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (42)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (38)
7月 (32)
8月 (38)
9月 (31)
10月 (29)

アクセスカウンタ
今日:2,915
昨日:8,684
累計:10,621,154