TONちゃん日記 - 2008/03






2008年03月31日(Mon)▲ページの先頭へ
シルバーバングル
心経入りをロジウムメッキしました。
なかなかよいてす。


龍眼2
眼もしっかり出ています。



龍眼菩提樹ラピス仕立て


龍眼菩提樹ラピス仕立て


今日の浅草のそら

.雨


どうなるものやら
秩父に行きたいと思っている。

お開帳だから、と言うのではない。
たしかにせっかくいくのだから、お開帳に合わせた格好になるのだが、
実はそうではないのだ。


今の浅草店を開店する際、
親しくしていただいた恩人や知人をお呼びして小さなセレモニーを催した。
そのテープカットをしてくださったのが
水墨仏画の祖師である難波敦朗氏と地元の議員さんだった。


前出の讃祷歌の新堀智朝尼と詠唱団の合唱で地所のお清めをしていただいたあと、
テープカットをしていただいた。
今の自分ならこんなセレモニーはまずしなかったろう。


いつでも画廊にできるように店つくりをしていたこともあって
開店に合わせて絵画の個展をしていただいた。
それが難波先生の水墨画展であったのだ。

二回目以降はないのだから、氏のための店創りと言えないでもないかな。

内装工事が間に合わず、仏壇も仏具も半分も搬入できなかった。
念珠と御香のみの店のありようから
来店された何人の方が仏壇店と認識できただろうか。

氏も奥様と二人三脚で、夜遅くまで前日ぎりぎり間に合った。

その氏も13回忌を数年前に催された。

氏のこよなく愛した地が秩父路である。


巡礼を始めるときは秩父霊場からと心に決めていた。
ずいぶん時間がかかってしまったけれど
何とか歩を進めたい。






2008年03月30日(Sun)▲ページの先頭へ
ようやく巡礼の足が確保できました。


今日の浅草のそら


桜 サクラ SAKURA
毎年、桜を見るたびに連想する曲がある。

「桜の苗が大きく育つ頃僕らはみんな大人になるんだ
あいつとこいつおまえと俺は、真っ赤なホオペをしていたな」

木下恵介アワーの「記念樹」の主題歌である。
同世代の方なら知らない人はいないだろう。
逆に、知る人は同世代?

小学校のとき、しかも僅かな期間見たドラマの主題歌なのに
今に至っても 桜花を見るたびに自然と口をついて出てしまう。

子供の感受性という受け皿にストンと落ちたのだ。


一編一編は、ドラマのストーリーとして記憶にないのだけれど
養護院を出た子供たちのその後を追いかけたドラマ設定に
すこぶる感動した。
感動したという記憶が残っているだけなのだがいい影響を受けた。


そう考えるとドラマのつくりが子供心の情にも響く
また、耕してくれる真面目な作り方をしてくれていたのかな
などと考える。

最近は、バラエティーっぽい番組ばかりが多く、しかも同じ司会者ばかり露出し、見る気も萎えてしまうのだが、
当時は、世相や人間愛を真面目に作りこんだ作品が多かったような気がする。どこでこうなっちゃったんだろう…


「さくら」から連想する曲ランキングを調べてみると
童謡の桜が3位にあるが、
森山直太郎のさくらや福山雅治のさくら坂など最近の歌が上位を占めていた。
いい歌だよ。好きだし。。。

でも僕には、記念樹の桜がいの一番に上位にくるのだ。
だが、どこにもなかった。


記念樹のHPを見つけました。
http://syowa40stvdrama.okoshi-yasu.com/page015.html


2008年03月29日(Sat)▲ページの先頭へ
水晶特別房

松房もいい。



隅田川桜風情
桜のじゅうたん。









ズムサタの下見ですね・・・




ユリカモメもほっと一息。










2008年03月28日(Fri)▲ページの先頭へ
隅田川界わい


暑くもなく花見日より



晴れ!


2008年03月27日(Thu)▲ページの先頭へ
白檀骸骨彫りの片手念珠


見たぞぉ その3


見たぞぉ その2


見たぞぉ その1


浅草の今日の空
ちょっと曇り
肌寒い。



いいわけ
最近携帯電話からの画像のアップが続いている。
やたら凝リ出している。


一番の理由は、手軽だからに他ならない。
 少人数であれもこれもだから、なんとか手を抜く努力に励んでいる。

二番目の理由は、携帯画像でも画素数が増えて、
 見て耐えられる画像になってきたから。(腕の良し悪しは別だけれど)

三番目には、タイムリーなお知らせができるから。
 ネタは新鮮がいい。一晩寝かしたほうが美味しくなる食材もあるけれど、
 お知らせしたい情報は、山とあるから順次上げていかないと埋もれてしまう恐れがあ る。だからその場でアップできるのはありがたい。

四番目としては、面倒くさがりやと言うのが大きい。
 パソコンの前になるべく座りたくないのだ。
  

まあそんな理由から、画像データに手を加えることもなく、
見づらい画像をダイレクトにアップしてしまっている。

とにかく、アップしたい商材は、山とあるのだ。
毎月新商品も続々現れる。
香りの分野も、仏具の分野も、もちろん念珠の分野もだ。

そして、祭りや催事の好きな土地柄しかも観音巡礼の土地柄だけに変化も大きい。
道を歩けば、路傍の石にも歴史がある。
何たって1400年の歴史のある土地だから、郷土史をひも解いたら興味は尽きない。

かと言って、手を借りてまで強化したいと思わないから、始末が悪いのかもしれない。
毎日様々な分野のお誘いがくる。
ホームページ製作援助やらSEOやら、モールの誘いは日常茶飯事。
けれどいっさい断っている。

自分の手の届く範囲でしか仕事をしたいと思わないのだ。
人に説明してぼくの考えているSHOP像を逐一伝える自信はない。
友人からは、もっと人の手を借りても広げるべき助言をもらうことが多い。
どうもそんな頑固さが災いすることも予想できる。
でも、自分が責任持てる範囲は広くないほうがよい。

足も短いが、手も短い。
短いと格好は悪いが、脳神経からの距離が短い分反応はよい。
そう・・・よくないといけないと思っている。

こんなだからしばらくは、
手作り感イッパイのWeb作りはまだまだ続きそうである。
お客様には迷惑な話だと思うが。

だから、携帯電話から画像を直接送ってテストを繰り返している。
あとカートもつければそのままSHOPになるようにできればいいな。
そうすれば脱パソコンできるのに。



2008年03月26日(Wed)▲ページの先頭へ
ルチルちょっと金が多いゾ!
水晶本体も奇麗。::END


ブルークオーク平ブレス


水晶天台腕輪


可哀想に・・・
こうなる前にゴムは早めに取り替えてね。

水、海水、温泉、台所の水仕事、できれば汗にも気を使って欲しい。
これから夏場を迎えるのだから、紫外線と汗なんて
ゴムには特に酷な季節だ。



もやもやした黄色いものがシリコンゴムのなれの果て。
下に写る新品のシリコンゴムと比べてみれば一目瞭然である。







晴れ!


寄り道
相変わらず台東区内の移動はママチャリがいい。

御徒町まで久しぶりに足を伸ばした。
秩父巡礼の足作りを正月から欠かさず毎日行ってはいるが
そのかいあってか、下半身だけはしまってきたみたい。
お腹は長期戦の構えだ。

ともあれ、走ると少々肌寒さもあるかと暴漢着も用意はしたが
なんていうことも無い、半袖のシャツで用が足りるほど
暑くてカーデガンも脱いでしまった。

途中ついむきになる癖も手伝ってはいたが
額に汗がにじむような陽気に、桜の季節の到来を文字通り肌で感じた。

自転車趣味を復活させてから、どうも目的地に至るまでに
一箇所足が止まってしまう、より道先ができてしまった。

レーサー車専門の老舗の横尾双輪館という。
古いサイクリストなら知らない者はまずいないだろう、
ハンドメイド専門のショップなのだ。

取引先の店までちょうど中間に位置する。
デローザがいつも店頭を賑し目を釘付けにしてくれる。
レストア中の愛車のために廃盤の工具を求めに
ついついちょいと立ち寄る。

店内は、今時の浮ついた賑々しさはなく、
老舗のハンドメイド店らしい、
落ち着いたムードが漂い、僕にはホッとする。
ネットを開けば造作なく何でも手に入る環境はある時代。
わざわざ足を運ぶこともなく欲しい機材は手に入れようと思えば手に入る。
現にぼく自身がネットショップを運営しているのだから。
毎日大勢の方にご来店いただいているわけだし
大それたことを言うのははばかるのだけれど・・・

こうして、足を運ぶ。運ばないと得られないものがある。
芳しい油の匂い(機械油のどこがと思う人は思うだろうが)。
展示されてる商品の持つエネルギー。
ポップからの訴求力。イメージ。店内の空気の流れ。
総合的な店舗イメージ。何より店主その人。

そこにいつまでも居たくなる空気というものがある。
それは、ネットでは伝わらない。
どうしても伝えられない。

だから、足を運ぶ。
そこから感じ取ってみる。
期待に応えて絶版と思われた工具を
カンパニョロの記念誌とともに見つけることができた。


ちょっと趣味的な話が中心過ぎたのだが、
ネット販売の限界をこんなところで感じてしまうのだ。

ホッとしてもらえるような店作りを実店舗には求めてきた。
満足はしていないのだがある程度は許容できる所までは作りこめたと思っている。

ネットの中でも同じことがしたいのだ。
だから、どうしてもバンバンとバナーを打って
視覚から訴求していく慌しさは苦手なのだ。
「ナントカセール今なら○%引き」なんて・・・
だからしない。

何時間でも滞在してもらえるwebショップっていいなあと思う。
いつかそんなスタイルを確立したいと思う。







2008年03月25日(Tue)▲ページの先頭へ
真珠のネックレスがこうなりました


水晶の仕立て


晴れ!
見事に春めいてますよ・・・うずうず。




吉良邸

近いのに一度も寄ったことがなかった。
たまたま、近くに用事があって両国をうろうろする。
路地をまわると、ふと目に入る。

え!こんな裏道にあったの?
ひっそりと歴史の残像が残っていた。

このあたりも今でこそビル郡に変貌してしまっているが
震災が無く、空襲も無ければ
どんな風景が残っていたんだろう。













1 2 3 4    全91件




   念珠コーナー

    魅惑の仏像

    香りの部屋

    巡礼コーナー

    写経のすすめ






雷門一之宮商店会


雷門一之宮商店会・日々是好日




カレンダ
2008年3月
           
         

アーカイブ
2006年 (250)
5月 (15)
6月 (33)
7月 (35)
8月 (33)
9月 (34)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (48)
2007年 (791)
1月 (51)
2月 (32)
3月 (37)
4月 (35)
5月 (48)
6月 (91)
7月 (101)
8月 (100)
9月 (91)
10月 (82)
11月 (58)
12月 (65)
2008年 (1179)
1月 (80)
2月 (87)
3月 (91)
4月 (77)
5月 (96)
6月 (93)
7月 (104)
8月 (124)
9月 (96)
10月 (95)
11月 (125)
12月 (111)
2009年 (1444)
1月 (113)
2月 (147)
3月 (189)
4月 (137)
5月 (125)
6月 (83)
7月 (115)
8月 (112)
9月 (93)
10月 (99)
11月 (104)
12月 (127)
2010年 (1328)
1月 (106)
2月 (101)
3月 (96)
4月 (107)
5月 (138)
6月 (150)
7月 (127)
8月 (110)
9月 (92)
10月 (87)
11月 (124)
12月 (90)
2011年 (1014)
1月 (97)
2月 (86)
3月 (96)
4月 (65)
5月 (89)
6月 (72)
7月 (88)
8月 (73)
9月 (73)
10月 (80)
11月 (95)
12月 (100)
2012年 (835)
1月 (85)
2月 (71)
3月 (72)
4月 (82)
5月 (82)
6月 (63)
7月 (69)
8月 (78)
9月 (58)
10月 (48)
11月 (53)
12月 (74)
2013年 (814)
1月 (69)
2月 (74)
3月 (87)
4月 (90)
5月 (79)
6月 (64)
7月 (77)
8月 (65)
9月 (46)
10月 (58)
11月 (52)
12月 (53)
2014年 (498)
1月 (49)
2月 (38)
3月 (45)
4月 (39)
5月 (38)
6月 (37)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (41)
10月 (46)
11月 (42)
12月 (47)
2015年 (512)
1月 (50)
2月 (38)
3月 (46)
4月 (44)
5月 (52)
6月 (41)
7月 (46)
8月 (43)
9月 (38)
10月 (39)
11月 (36)
12月 (39)
2016年 (463)
1月 (35)
2月 (34)
3月 (40)
4月 (48)
5月 (37)
6月 (38)
7月 (39)
8月 (37)
9月 (44)
10月 (32)
11月 (37)
12月 (42)
2017年 (113)
1月 (39)
2月 (38)
3月 (36)

アクセスカウンタ
今日:5,397
昨日:6,194
累計:9,463,239